« ひだか東トレーニングセール | Main | プレミアセール① »

May 26, 2005

北海道新聞に

 北海道新聞HPに北海道市場の2歳トレーニングセールにて、韓国の購買があったことが、載っていた。記事の内容は、表面だけをとらえ核心まではついていない、当たり障りの無いものであるが、一般紙に取り上げられるほどの、含みを感じるのは、私だけであろうか?
記事の内容は北海道新聞HPにて

 先にシンガポール競馬の考察①で書いたが、東アジアの競馬は香港、シンガポール、マカオ、マレーシア、それに韓国と私達が想像する以上の発展を見せている。その内容も決して軽んじて語れるものではない。特に、馬が飽和状態で販売が新規の馬が入りづらい香港は別としてシンガポール、韓国は、今後も重要な競走馬の購買地区として発展するであろう。韓国は、輸入馬に購買価格200万円以内という規制をかけているが、この秋には撤廃の動きがあるという。ほんとに自由競走となったときには、かなりの購買が見込めるかもしれない。
 ただ、韓国では一人の馬主が10頭までの所有しかできず、またそのうちに外国産馬は1頭という規制もあるそうである。
 一方のシンガポールはまったくの自由である。欧州や豪州からグレードレース勝馬のトレードも珍しくない。
今後、さらに発展しそうな、競走馬の輸出であるが、実は大きな問題を抱えている。それは、輸出の際には安い豪州やニュージランドの馬と価格競争で戦わなくてはならないのだ。日本の生産にかかる費用は、他の国から比べると特別に高い。しかし、日本の種牡馬でも、シーズンオフに豪州にシャトルで種付けに行っている馬も多く、それらは、日本では考えられない種付料で付けられており、日本産馬と同じ父を持つ馬が、日本と豪州で大きくその値段に差がでてきているのだ。
 輸出に関わる費用の削減、見直しを、いまJBBA日本軽種馬協会は、調査交渉してくれているが、その次はこの問題、生産費コストの削減という大きな問題にも直面するであろう。

|

« ひだか東トレーニングセール | Main | プレミアセール① »

Comments

はじめまして。
ちょっと質問なのですが、輸出コストおよび生産コストがどれくらい削減できればオセアニアの馬たちと同等の価格競争力を得られるのでしょうか?
つまり「日本の生産にかかる費用は、他の国から比べると特別に高い。」とありますが、これは省ける無駄を省いていないから高いのか、それとも種付料や飼料代や医療費やスタッフの労働コストなどが構造的に割高であってそれこそ大ナタを振るわなければ解決しないような問題なのか、気になりました。
後者だとすると、アジア市場への進出は価格競争力の面でかなり困難かと感じます(仮に価格を抑えたとしても採算度外視の投売りになってしまう?)。オセアニア馬と同等の競走能力を持ちつつ、価格も負けないような馬産を目指すことは果たして現実的なのでしょうか?

生産界の詳しい事はよく理解しておりませんので大変見当違いなことを申し上げているかもしれませんが、よろしくお願いします。

Posted by: umatoneko | May 27, 2005 at 10:15 PM

まず、輸出コストですが、オーストラリアからですと、距離的には日本よりもシンガポールに遠いのですが、検疫費用込みで80万円以下で済んでるようです。日本は、220万近くかかりますので、おおよそ3倍の輸出コストがかかるのが現実です。
次に、生産コストですが、今日本の、サラブレッド生産費(種付け料や繁殖牝馬の償却費、そして1歳秋までの育成費)は、600万円近いとの研究報告があります。もちろん、もっと安い馬も居ますし、高い馬もいますが、平均でということです。
オーストラリアの生産費はいくらぐらいからは、分かりませんが、おそらく200万円ぐらいではないかと想像がつきます。
これも、3倍ということになります。
これらの、数字をみると、日本産馬がコストだけでは、太刀打ちできないように思われるかもしれませんが、馬は値段だけでは無く、競走成績も大きく販売要因に関係してきます。
従いまして、私は、輸送費コストを100万以内、そして馬代金300万~400万ぐらいの馬で、クラス3や2に進める馬を送りこめれば、シンガポールでのマーケットに十分適応できると考えております。
この辺の販売価格は、日本の生産者もやりようによっては、なんとか原価割れせずに馬を作ることのできるラインと思うのです。
ちなみに、ダイヤモンドダストは、購買価格が350万円でした。これぐらいの馬で、ダービーを狙える、まだまだ日本の生産者は、戦略的に東アジアに目を向けるべきだと私は、確信しております。

Posted by: あど | May 28, 2005 at 08:19 PM

回答ありがとうございました。
まだいろいろと課題はあると思いますが、今後の動きをかげながら眺めていきたいと思います。

Posted by: umatoneko | May 29, 2005 at 11:00 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/34187/4296833

Listed below are links to weblogs that reference 北海道新聞に:

« ひだか東トレーニングセール | Main | プレミアセール① »