« August 2005 | Main | October 2005 »

September 22, 2005

SONYのリストラ

 今や、日本を代表する企業、いや世界の企業となっているSONYが、今年から今後2年間で世界で1万人規模の人員削減、製造所の閉鎖で2000億円の経費削減、不動産や株式など「非戦略的」な1200億円相当の資産も売却する。と発表があったことが、各報道期間により伝えられております。
 SONYというブランドには、その技術力を認め、時にはチャレンジャーな企画の商品で空振りをすることもあるが、一発あたると、大ホームランというイメージが私にはあります。そういう私もメインのPCはVAIOですし、今年に入ってからは、他メーカーに買い換えましたが、PDAのCLIOは2世代を購買させていただいておりました。
 ハワード・ストリンガー会長兼CEOによりますと、一度はリストラ経費で今期赤字を出すが、次年度には黒字に戻し、07年度には強いSONYになるということだそうで、日産が復活したように、今後の手腕に期待しましょう。
 しかし、3年で大黒字を計画できるというのは、なんとも羨ましい限りで、右肩下がりの地方競馬の主催者、あるいはそこを頼りにしている我々中小牧場の経営は、3年先などまったく見えないのが現状です。(T_T)

 日経ネットHP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2005

静農高に感謝状

20日、各報道によると、この春にJRAで活躍した、ユメロマンを生産した道立静内農業高校に対して、北海道から感謝状が贈られた。
ユメロマンという名前をよく、高校生の夢をのせてはしるサラブレッドということで、ずいぶテレビや報道機関に取り上げられたわけだが、その功績を北海道が認めたとともに、道立高校なので、JRAからの生産者賞が北海道に対して払われていたそうで、その賞金がそっくりこの感謝状と共に静内農高に贈呈されたそうだ。
我々、一般の生産者は、井戸端会議的話題に、この生産者賞のことを話していたのだが、財政の苦しい北海道とは言え、きちんと受け取るべきところに渡ったことになる。我々、一般!!の生産者なら、よしこれで一杯ということになるのだが、そこは教育、ぜひ、こんごの生産に役立てて欲しい。(^_^;)

北海道新聞HPより

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2005

前原代表誕生

 昨日、17日、民主党の代表選挙が行われた。結果は、若手の前原誠司氏がわずか2票差で菅直人元代表に勝利した。私と同年代の43歳とういう党首が本当に若手と言ってよいかどうかは、個人的には微妙だが、政治の世界では確かに若手なのだろう。今後の民主党の活躍に期待したい。
 ただ、一民主党員として言わせて頂けば、密室でなく選挙で党首が決まったことは、良かったと思うが、私どものような末端の党員には、なんの決定権もないわけで、もちろん議員の10万分の1でも良いし、あるいわ予備選挙的な扱いでも良いから、全国組織での選挙をしていただきたかったと思う。もちろん今回は、緊急事態であるからお金も時間も無かったのだろうが、ぜひ来年の9月の任期満了に伴う選挙の際には、インターネットなどを駆使して党首選挙をしていただきたく思う。
 そうそう、民主党による、「競馬を考える会」も再結成存続してくださいね。(^_^;)

北海道新聞HPによる報道

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2005

駒大苫小牧 秋初戦

 二年連続、夏の甲子園を優勝した駒大苫小牧が、新チームによる初戦を、13日、第58回秋季道高校野球大会(道高野連など主催)室蘭地区大会1回戦において、対鵡川高校戦で迎えた。試合が行われた、苫小牧緑ヶ丘球場は、球場史上最多入場者となる4300人の高校野球ファンがつめかけ、1回戦から強豪対決となった鵡川戦を楽しんだそうだ。私の知る人も、前売りチケットを入手して観戦に出かけた人もおり、優勝後のいざこざは、どこへやらのフィーバーである。結果等は、リンクを見ていただくとして、この一戦、実は鵡川高校のファンも大挙してかけてつけていたという事実を付け加えておきたいと思います。
 こんなブームがホッカイドウ競馬に欲しいですよね。

 詳しくは、 朝日新聞北海道HP にて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2005

九州里帰りジョッキーカップ

 地全協のHPによりますと、佐賀競馬では9/25に「九州里帰りジョッキーカップ」と称して、各地の地方競馬で活躍している“九州出身”のジョッキー達による騎手交流戦を行うとのことです。出場予定騎手は以下の通り
◆参加予定騎手◆
内田 博幸 (大井・福岡県出身) 吉田 稔  (愛知・佐賀県出身)
有馬 澄男 (兵庫・大分県出身) 牧野 孝光 (荒尾・熊本県出身)
尾林 幸彦 (荒尾・大分県出身) 高山 伸一 (荒尾・大分県出身)
鮫島 克也 (佐賀・佐賀県出身) 北村 欣也 (佐賀・佐賀県出身)
山口 勲  (佐賀・佐賀県出身) 吉田 順治 (佐賀・宮崎県出身)
真島 正徳 (佐賀・佐賀県出身) 安東 章  (佐賀・大分県出身)

 詳しくは、佐賀競馬HPにて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2005

第44回衆議院選挙総括

11日尾紺割れた衆院選、すべての結果が出たが、わが民主党は歴史的惨敗。というか小泉劇場は超満員の人気興行で大成功というところだろう。しかし、選挙戦半ばの雰囲気で負け戦はわかっていたものの、まさかこれまでの大敗をきっするとは、思いもよらなかった。選挙の風というか、テレビなどでは雪崩現象とまで言っているが、まさに勢いの違いというのがあった選挙であった。
しかし、目線を、こと北海道に向けてみると、日本中のブームから取り残されたかのように、民主党は11議席維持。自民党は1議席減という結果であった。この違いが、いまの北海道と他の日本の違いであり、それはまだに経済力の違いをあらわしているのではないかと思う。東京や中京では、好景気がやってきているという人もいるらしいが、まったく不況のどん底から抜け出せないでいる北海道。本来なら農業中心の土地柄であるから自民の力が強くて良い物でありそうだが、先行きが見えない現状に、革新等に期待しているのが、北海道、そして日高なのかもしれない。まさに私もそういう一人であるのだが。

北海道新聞 日本全体記事 北海道分記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2005

第17回ホースマンカップ

 私もお手伝いしている、ホースマンカップというゴルフコンペが12日、苫小牧の三井観光ゴルフリゾートで行われた。約100名の参加者によってダブルペリアにより行われたのだが、優勝は、ノーザンファームの吉田勝己代表であった。なにも、こんなところまで優勝しなくてもと、今年の春のG1戦線に続く快挙?に関係者からは笑いと拍手が贈られていた。
 この大会において、ダブルペリアを集計計算していた私ですが。6コース同時スタートで行われたこの大会のうち、西のOUT、INスタートで回られた方のハンデが算出されない結果が表彰式に提示されてしまいました。 なお成績では、優勝、準優勝、3位については、変動無いことご報告申し上げます。また、他の順位につきましても、表彰式をもちまして確定とさせていただきました。
 この場をかりて、深く陳謝し関係者の方にお詫び申し上げます。チャリティコンペということで、お許し頂きます様お願い申し上げます。


 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2005

佐賀競馬で3連勝

 地全協のHPによりますと、佐賀競馬では、来年4月より3連単、3連複、それにワイドの馬券発売を開始するそうです。また、あわせてインターネットによるライブ・オンデマンドによる競馬中継を今年度中の放映目指して検討しているということです。
 これだけ、インターネットによるライブ中継や、オンデマンドが増えてくると、いちいち各競馬場のHPからレースをみるためにアクセスしていたんでは、面倒だから、日本全国の競馬のライブ・オンデマンド中継に簡単にアクセスできるポータルサイトみたいのが出現して欲しいですね。
 まあ、地全協あたりのHPにそのコーナーがあっても良いし、私が作っても良いんでしょうけどね。(^_^;)

佐賀競馬HP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 10, 2005

川崎競馬秋祭り

 地全協のHP等によりますと、9月18日に川崎競馬場で「川崎競馬秋祭り2005」とうイベントが行われるようです。
 詳しくは、川崎競馬倶楽部HP または、川崎競馬HPにて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2005

競馬見学

 日高の各町には、軽種馬生産振興会という組織がある。これは、親睦団体であるが、あるときは軽種馬生産者の政治団体的な仕事もすることがある。まあ、商店とかでいうと、町の商工会に近いかなという気もする。その町の組織は、各地、各部落の生産振興会によって構成される。これは商店街商工会のようなものかもしれない。
 私は、門別町の生産振興会の代表をしているわけですが、地域では門別中央振興会というところに所属しています。その中央振興会の競馬見学が9日夜、門別競馬場で行われました。
 門別競馬場?と思う人がいるかも知れませんが、そうです、この時期に門別競馬場では競馬はやっておりません。旭川競馬の場外として開かれている門別競馬場に集合してホッカイドウ競馬をみなで楽しんだわけです。帰りには近くの焼肉屋で会食をして解散となるだけの寄り合いですが、まあ、これはこれで、「いと楽しい」でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2005

台風14号

 九州地区に大被害を与えた大風14号、昨夜は北海道に再接近し、その影響が心配されたが、日高では、風雨の強い状況が昨日日中から続いたが、深夜には峠を過ぎたようで、大きな被害はなく終わった。
 関連記事 朝日新聞HP
 このような、台風の時は、馬も一日馬房に居てもらわくてはならない。馬房に居る間は良いのだが、その次の日に一辺に放牧に出されると、興奮して他の馬と相撲をとったり、走りすぎて怪我をすることが間々ある。したがって台風が過ぎた今日も油断はできないのである。

 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2005

岩手競馬がソフトバンクと提携

 ソフトバンクのプレスリリースによりますと、岩手競馬とソフトバンクが提携して来年の春から、インターネットによる馬券の販売、そしてブロードバンド中継等を行うと発表になっている。
 今の地方競馬は、どこも赤字で苦しんでいるわけだが、具体的に民間企業との提携が形として発表されたのは、ライブドアが堀江氏の衆議院選出馬により、どうなっているかわからない状況で、ここが始めてと言っても良いかもしれない。
 ただ、インターネットによる、馬券販売や中継はすでに、地全協を通して行われていることであるから、そこに民間のアイデアによりどのような売り上げ向上企画があるのか、注目していきたいし、私などが思いもつかないような企画が発表されることを楽しみにしたい。
 ちなみに、重勝馬券や多角点カメラなどは、想定済みですから、他の企画を見せて欲しいっす。(^_^;)

 ソフトバンクプレスリリースHP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2005

田中氏のコラム

九州では、台風が猛威をふるってますが、その台風が明日あさってあたりから北海道に影響を及ぼしそうです。ふと、ネットサーフィンしていたら、生産者コラムニスト田中氏の記事が目にとまりましたのでご紹介します。
本当にこういう時代なんです。

田中氏コラム ネットケイバHPより

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2005

ハルウララ妹、初勝利

 4日、ハルウララの妹、ミツイシフラワーが高知競馬5Rを優勝したと各新聞などで報道されている。
日刊スポーツHP
 40戦目の初勝利ということで、姉よりもお先の美酒ということであるが、これはこれで、忍耐と努力の1勝ですよね。馬主はじめ関係者各位に敬意を表します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2005

森厩舎、豪州遠征

森厩舎のオーストラリア遠征初陣は、各報道によると残念ながら大敗に終わったようである。
日刊スポーツhpしかし、最初から勝てればそれに越したことは無いが、そんな簡単なもんじゃないのは、森師が一番良くわかっているだろうし、彼をバックアップしている馬主たちも理解しているのであろう。輸送に環境の変化、そして馬場の違いに、レースの展開の違い、馬にとっては、まったく勝手の違う競馬だったと思う。
このクラスの馬が海外にどんどん行って競馬をし、どんどん成績を残してくれることが、日本のブラッドステータスを上げてくれる事になるのだから、森師には、今後もどんどん遠征して欲しいし、他の調教師もどんどんトライしてほしい。日本に居れば、それなりに稼げるけど、海外遠征では、それ以上のものを得れると思うので。
最後に、シンガポールもよろしくと、付け加えておきます。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2005

ホンモノ、今年4勝目

 シンガポール競馬、高岡厩舎所属のホンモノが2日に出走したレースで優勝した。シンガポール移籍以来なかなか勝ち星に恵まれなかった同馬だが、今年に入ってサウンドで1勝をあげるや、これが4勝目の勝利である。いくら最下級条件と言え、1着賞金は、馬主手取りで約110万円、一月の預託料が20万円はかからないシンガポール競馬であるから、十分に今の地方競馬よりは経済的である。というわけで宣伝でした。(^_^;)
 ぜひ、ご興味の方は、高岡厩舎、スターレーシングまでお問い合わせください。
スターレーシングHP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 01, 2005

ダンツフレームが死亡

 02年の宝塚記念を勝ったダンツフレーム(牡7)が28日に肺炎で死んでいたことが30日、明らかになった。と日刊スポーツ等で報道されております。
 詳しくは、日刊スポーツHP
冥福を祈ります。合掌。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2005 | Main | October 2005 »