« June 2006 | Main | August 2006 »

July 31, 2006

ハーツクライ惜敗

Fhr0607293301ns
 ハーツクライは、惜しい3着だったようですね。英国29日に行われたKジョージ6世&QエリザベスDSにおいて、果敢に最後の直線で先頭に立つも、あと少しのところで勝ち馬から1馬身負けの3着だったと、各報道機関が紹介してくれてます。これで確かに世界の頂点を争うところに居ることが、証明されたわけで、今後の展開がますます面白いですね。そしてディープの凱旋門賞も楽しみになってきます。
 ところで、この様な大きなレースに日本馬が出る際には、JRAも馬券を販売すると良いのにね。英国や諸国では日本の競馬をブックメイカーが販売しております、シンガポールでは堂々とシンガポールターフクラブが自国のオッズで販売しております。日本も、勝手かどうかは分かりませんが諸外国のG1に出走している日本馬を応援する意味で馬券を販売すれば、そりゃ少しは売上の足しになるような気がしますが。これって法律違反なんでしょうかね?
 また、これと同じ事が地方競馬の馬がJRAの重賞などに出走する際には、その地元での販売があっても良いんじゃと思うんですけどね。まあ、馬券は電話投票で全国で買えるわけですが、その馬を拠出してる地元の競馬への恩恵が大きいですからね。いろいろシステムや法律の問題はあるんでしょうけどね。
 ハーツクライの記事 ニッカンスポーツHP(写真はニッカンスポーツHPより)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2006

SPAT4でホッカイドウ競馬

 昨日の話題に続き、南関のインターネット投票である、SPAT4において8月1日からホッカイドウ競馬の全レースが購買可能となると発表があった。私としては、即SPAT-4を利用しているから、ホッカイドウ競馬が買えることはありがたい。どうしてもD-netの方がオッズパークから離脱していることもあって、ホッカイドウ競馬は買いづらかったですからね。これで益々、D-netは終演に近づいたのかな?
 ところで、この南関東とホッカイドウ競馬の密接になりつつある関係は、昨日の話題のスクランブルナイトといい、先に報道されている楽天の馬券販売参入に絡んだ流れといい、益々深くなっていますね。この流れが、そのまま第二の競馬法改正に移行していくのかは微妙ですが、現在、論議されている、競馬法改正の大きな柱になることは、一端の私でも想像できることですね。
 地全協HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2006

スクランブルナイト

 去年好評だった、TCKのツインクルナイトレースとホッカイドウ競馬の旭川ナイトレースにおいてお互いに3Rづつのウリウリの場間場外を行うスクランブルないとが、8月1日~3日と29日~31日の2節にわたり今年も行われます。各種イベントも組まれているようで、去年以上の盛り上がりを見せてくれると良いですね。
 けど、システム場の問題などがあるのかも知れないけど、どうせなら全レースをウリウリでやれば良いのにね。JRAなんか3場が買えたりもするかね。あっ、それは場外だけの話かな?
 TCKのオフィシャルHP 
ホッカイドウ競馬のオフィシャルHP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 28, 2006

暑さを逃げるためのタクシー

 昨日の園田から午前中に移動して、非開催中の川崎馬主会事務所を訪問。T事務長、H調教師、M副会長が相手をしてくれる。その後に、船橋にトンボ返し?してD調騎会会長、K有名調教師、唯一親しいY調教師などにご挨拶。数レース見て(賭けて)惨敗して暑すぎて辛いから早めに帰ろうということでホテルへ戻りました。
 この園田からの行程、大変そうですが、私にも負けぬ勢いの暑さ嫌いの副組合長と課長のおかげで全工程(園田→東京間は別ですよ)をタクシーにて移動することができ、一人なら絶対にタクシーなど使わない私にとっては、とっても楽チンな南関東横断競馬場ツアーでした。
 船橋の薄暮競馬は、初体験でしたので、それも話題の一つですが、アポ無しの突然出撃だったため、エアコンの無しの1階をウロウロしながらの本来の競馬の楽しみ方ができた訳ですが、さすがにジャケットが邪魔でした。でもシンガポールのエアコン無しの席よりは数段楽ですがね。(^_^;)もちろんシンガポールでそんな無謀な席に私は居ませんが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2006

関西は暑いです

 門別町農協管轄の馬をよろしく、ということで園田競馬場での協賛レースがあるのを機に、販売促進をかねて門別町農協副組合長と職員一名、それに振興会長(振興協議会)として私が、兵庫を訪れた。先に製作した1歳の販売馬情報誌のPRもあるのだが、到着してまず参ったのが、暑さですね。いやー暑いす。シンガポール以上かもしれませんね。ほんの少し厩舎地区を歩いただけで、汗びっしょり、まあ人一倍汗かきの私ですが、ヘロヘロです。こんなところで競馬をする馬たちは大変ですよね。
 エアコンのあるところへ、はやばや非難しておりました。(^_^;)、この販売促進の旅、明日からは南関東へ行くのですが、はたしてどうなりますか。無事に北海道へ帰るまでサバイバルの旅です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 26, 2006

ジダンばり

 巷のニュースで、英国の障害レースで、発走前に振り落とされた騎手が、馬の鼻っらにヅツキしたところを映像に撮られて物議を呼んでいるという話題が海を越えて日本までも報道されている。思いっきりどついた訳じゃなく、コンと当てただけと騎手は言ってるらしく、馬には、怪我がなく、そのレースで4着に来てるそうですが、ことがまだワールドカップのジダンの行為が話題になったばかりだから、話が大きくなっちまったんでしょうかね?ただ、ヘルメットかぶってヅツキじゃ自分に痛みがない、一方的な行為で反則だね。まあ、ヘルメット脱いでしても駄目だけどね。(^_^;)
 
日刊スポーツHPの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 25, 2006

賭け支え弁当、好調

07181thumb1
ばんえい競馬と旅行グルメ紙「じゃらん」が共同で企画した、お弁当「賭け支え弁当」評判が良いそうだ。そのコンセプトは、
世界で唯一、北海道だけでしか見られない鉄ソリ競馬の「ばんえい競馬」。
北海道遺産にも選定されている北海道の貴重な財産です。
「競馬だって地産地消!」という考えのもと、農業・水産業を応援するための
”食べ支え”に対し、馬産国・北海道を応援するための”賭け支え”を提案します。
というもの。
全国の地方競馬の各競馬場には名物の食材があるものだが、こと北海道に関してはいまひとつだったりしていたと、個人的に思っている。ならば、名物を作れば良いのよね。ぜひホッカイドウ競馬の人も良いところは真似て欲しいすね。(^_^;)
地全協の評判記事ばんえい競馬、「賭け支え弁当」のHP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2006

エスケープハッチ、大記録に前進

 地全協のHPによりますと、高知のエスケープハッチが通算44勝目を23日に達成したそうで、これは地方競馬記録まであと2勝となっているそうです。ぜひ、スターホースとなって盛り上がって欲しいですね。
 詳しくは、地全協HPにて

高知競馬オフィシャルサイト RyomaDerby http://www.keiba.or.jp/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 23, 2006

スターレーシング新規募集開始

 弊社、㈱スターレーシングが主催する。シンガポール競馬での共有馬主クラブの2歳新規募集が開始されます。やっと、やっつけ仕事ですがホームページの更新が終わりましたので、ぜひご覧頂き、興味がある方はお問い合わせの上、シンガポールでの馬主ライフをご一緒に楽しみましょう。
 過去3年間やってきて、やはり2歳馬を遅めにデビューさせるのが一番効率が良いと感じております。冬にシンガポール競馬の観戦ツアーも計画しますので、ぜひ地方競馬のもうひとつの競馬場として、捕らえていただければと思います。結構面白いですよ。私がハマってますから。(^_^;)
 ということで、
スターレーシング.ネット

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 22, 2006

ラベンダー賞、地方馬インパーフェクトが制す

都合により、以下はニフティ記事の抜粋

 22日、函館競馬場で行われたラベンダー賞(2歳OP・芝1200m)は、山口竜一騎手騎乗の3番人気インパーフェクト(牡2、北海道・田部和則厩舎)が道中3番手追走から直線しぶとく伸び、逃げた2番人気エイシンイッテンをクビ差交わして優勝した。勝ちタイムは1分10秒9(良)。さらに1.3/4馬身差の3着には1番人気ローレルゲレイロが入った。

 勝ったインパーフェクトは、父ナリタトップロード、母ブルールミナール(その父アイシーグルーム)という血統の青森県産馬。05年北海道市場オータムセールにて700万円で落札されている。5月のデビュー戦は2着に2.7秒差をつける大差勝ち。続く前走の栄冠賞では圧倒的1番人気(単勝150円)に支持されたものの、勝ったヴィヴァチッシモから3馬身差の5着に敗れていた。通算成績3戦2勝(JRA・1戦1勝)。この勝利により、8月6日に行われる函館2歳S(GIII)への出走権を得た。また、新種牡馬ナリタトップロード産駒は、JRAでの初勝利となった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 21, 2006

ディープインパクト ランキング1位

各報道機関によりますと、20日、国際競馬統括機関連盟(IFHA)から「トップ50ワールドリーディングホース」が発表され、ディープインパクトは堂々の1位タイに輝いたとのことです。日本馬が世界ランクで首位にされたのは史上初とのことで、凱旋門賞(仏G1、芝2400メートル、10月1日=ロンシャン競馬場)を前に、大きなタイトルをゲットしたことになります。日本馬は50位までに6頭が入り、ハーツクライ(牡5、栗東・橋口)は7位タイだったそうです。また、シンガポールエアラインカップ(国際G1)を優勝したコスモバルクも42位タイで立派にランキングされております。
50位までのランキング全部は、PDFファイルにて JRAHPより

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 20, 2006

様似町で岡潤一郎展

ネットケイバのHPによりますと、8月12日から、24歳の若さで93年に落馬事故で亡くなった、故・岡潤一郎騎手の記念品などを展示する「岡潤一郎展」が、同騎手の故郷、北海道様似町で開催されるとの事です。岡騎手の生涯を写真パネルで振り返るコーナーや、レースで使用された鞍やステッキなどが展示される予定となっているそうで、当時は鮮烈だった記憶も、薄れ掛けていただけに、良い企画だなと思うしだいです。時間があったら行ってみたいな。

netkeiba.com

開催日時、場所は以下の通り。

◆日時
8月12日(土)~8月23日(水) 10:00~19:00
※月曜は休館、23日は16:00まで

◆場所
様似町中央公民館文化ホール
(北海道様似郡様似町大通1-21)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 19, 2006

マイクロチップ

Mclife
本日の午後、静内でJRA、JBBA、日高軽種馬組合、各地区振興会などの面々が集い、会議がありました。まあ、地区懇談会という感じなんですが、各組織ごとにテーブルが幾重にも敷き詰められ、それらが口の字に向かい合う格好で、いかにも会議という感じの重々しい感じでした。その中でいろいろな質問や意見交換が行われたのですが、私が興味をもった一つに、日本軽種馬登録協会から説明されたマイクロチップを来年の当歳から埋め込む話でした。これは、このブログでも以前に取り上げておりましたのが、今回は具体的にマイクロチップにより示される15桁の番号が説明されたです。これは他の動物やペットと同じもので品種の区別もつくそうで日本のサラブレッドの場合、国番号392、品種番号11、代理店番号80、固体番号8桁########となるそうです。すでに義務付けられているフランスに遠征するために、ディープインパクトには7月2日に打ち込まれ、その番号は392-11-80-00000001ということで日本初の実用ということで、なんかディープインパクトの偉大さが増したように思うのは私だけでしょうかね?(^_^;)

| | Comments (52) | TrackBack (2)

July 18, 2006

一転して売る側

ここのところ、セリで馬を買う側をしていたわが陣営ですが、今日は一転して売る側に集中です。と言っても出物が無いかはチェックしておりましたが。コンサイナー(まだまだちゃんとしてませんが)として腕の見せ所というわけですが、2ヶ月ほど前からお預かりしていた、アグネスタキオンの牝馬を上場のために朝から北海道市場に運びました。今日のセリでは3頭のアグネスタキオン牝馬がいたのですが、なんともう一頭が一つ前の番号で比較展示などでは並んでしまいました。それも最後から6頭目ということで、組合も何故にこんなことにって思っちゃいます。繁殖牝馬の名前順ということだそうで、仕方ないような、一日のセリの場合、馬の上場順によって中だるみしたり後半に客がいなくなったりしますから、もう少し市場全体の売上を上げるために上場場の配列も考えたらよいんじゃないかなと思いました。結果、活発なせり上げで、なんとか販売することができました。ご購買頂いた方、また積極的にせり上げ頂いた方ありがとうございました。なお、名簿では飼養者欄が生産者のままですが、オリオンファームに訂正になっておりますので、よろしくです。(^_^;)
セリの結果は、馬市.comが良いようで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 17, 2006

セレクションセール開幕

 静内の北海道市場において、セレクションセールが行われました。初日の今日は当歳のセリです。わが陣営としてはセレクトセールで予定以上に購買したため、お腹が一杯状態で、ここは大人しく見てるだけ、勉強のセリという位置づけでしたが、ついつい主取り馬に面白そうなのがいたので声をかけちゃいました。ワイルドラッシュの雌馬なんですが、アイルランド人が経営しているパカパカファームからの上場で出口で交渉したら、こちらのディスカウントのオファーに応じてくれたため、再セリでの購買となりました。
 これで、当歳のラインナップは4頭ということで、生産馬1頭と合わせて5頭が揃いました。1歳は、先日のセレクトで購買した牝馬だけですので、今後は8月市場でピンフックか地方あるいはシンガポールでの競馬目的で出物画があればというスタンスで行く予定です。8月サマーセールからは、焦って買う必要はありませんからね。(^_^;)
 セレクションセールの結果は、馬市.comにて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2006

焼肉パーティ

 今年はどうも天気が今ひとつの日が続き、外での焼肉パーティはせずにおりました。ここへ来てやっと暑い日が来ましたが、どうもまだカラッとしていないです。そこで従業員とその家族と富川の焼肉店「R」で食事をすることになり、昨日、みなで行ってきました。
 富川に焼肉店は数点あるんですが、ホッカイドウ競馬の調教師のご子息が経営しているこのお店は、かなりレベルが高いです。カルビなんかは札幌でも上等のお店と対等でしょう。特上よりも上カルビでも物凄く霜降りになっていて美味しいです。旨いものを食べるときって、みな少し幸せな顔をしますよね。
 うちの従業員は、みな酒を飲まないので私と飲みに行くことはめったに無いのですが、食事なら今後もたまにしていこうと改めて思いましたね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2006

社台ファーム見学

 セレクトセールで購買した当歳3頭を見るために、白老の白老ファーム、そして住所は千歳市だけどほぼ追分の社台ファームに行ってきた。購買した3頭は、みなセリ場でみたよりもかえって良く見えた。すでに少し愛着もわいてきてるしね。(^_^;)
 まあ、買った馬はすでに購買して見てるわけですが、改めで社台に行くと本当に牧場は綺麗にされてますよね。ご子息自ら案内のため私たちの相手をしてくれて、恐縮でした。この馬たちは来年の3月までは、販売者の管理になります。そしてそれまでの保険も販売者が入ってくれます。社台ファームなどの当歳の預託料は分かりませんが、普通の牧場よりは高いし、管理も良いのは間違いないわけで、その分も馬代に入っていると考えると、セレクトセールでの社台系の当歳馬の購買は結構お得な感じで、私たちにとっては、高くても社台にとっては安い値段のこの3頭、ほんとラッキーだったと改めて思いました。
 そう、思わせるところが社台の商売上手なところなんでしょうね。いかんいかん洗脳されてしまっては。今後は、そういつも買うわけじゃないし、なんとかこの隙にノウハウをゲットしようと、チョクチョク訪問しようかと考えております。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 14, 2006

大魔神の愛馬デビュー

 能力検定の時に、ここでも話題にしましたが、元マリナーズというより、横浜かな。大魔神こと佐々木投手の愛馬がホッカイドウ競馬の旭川ナイターで、13日にデビューしたそうです。結果は残念ながら、どん尻負けだったようですが、まだまだ2歳は分かりませんからね。これにめげずに頑張って欲しいですね。
 また、ラムタラが英国へ輸出されると、報道されてますね。まあ、日本に合わなかっただけで欧米では結果が出るかもしれない、日本の生産界も、もっと早めに結論を出してどんどん再輸出する種牡馬がいても良いかも知れませんね。買戻し条件をつけても良いですしね。ラムタラって重い芝生なら適合しそうだから、シンガポールで産駒を走らせてみたい一頭だったんですよね。まあ、まだチャンスはありますが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

July 13, 2006

グランド牧場見学

 セレクトセールで購買した馬を見る用もあってグランド牧場へ行ってきた。そこで建設中の豊畑の新牧場を見学してきたが、ものすごく立派だった。なんでも購買後すでに3年目だそうで、すぐに牧場をはじめたんでなくて土地の改良、牧柵の新設、厩舎の新設、付帯設備の建設、そして現在は最終的な通路、というよりも道路などの土木工事が行われていた。聞くのは忘れたが、この分だとこの秋にもオープンという感じだった。
 グランド牧場は、ここに馬を移動したあと、真歌で購買した牧場の改良に取り組むそうで、総面積200ha規模の大きな牧場となるようだ。すでに繁殖の更新は数億円をかけて数年前より継続的に行っているということで、社長自ら現場で働いている姿をみて、この努力の結果が数年のうちには確実に現れてくるなと感じた。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

July 12, 2006

セレクトセール3日目

下記のために、書き込みが遅れました。って、いつも遅いじゃんという突っ込み、受け付けません。(^_^;)
----------------
メンテナンス中です。
2006年7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00に
ココログのレスポンス改善のためのメンテナンスを行っております。
詳細につきましては、お知らせココログをご参照ください。

ココログをご利用のみなさまには大変ご迷惑をおかけしまして
誠に申し訳ございません。
-----------------
最終日になって、やっと傘がいらない天気になってくれた。でもこの3日間、初日の寒さで、2日目に長袖着て行くも、初日より気温が上がり、今日も雨の予報で長靴を履いていくも、雨はすでに上がるという、身なりの選択ミスが続いた。しかし、馬の選択ミスはしないぞ。p(^_^)q
という訳で、昨日に引き続き将来の繁殖を睨んでみていたが、なんか会場も空席が目立ち、また売上の方も昨日と比べるとかなり低調に感じた。さらに後半には、結構な馬がお代通りか主取りに終わるようになってきて、あきらかに昨日までとは違う市場の様だった。ということで、思わず、遠く予算オーバーと考えていた馬も、手の届く範囲で落ちそうなんで、手を上げると、みな買えてしまった。
シンボリクリスエス、ダンスインザダーク、キングカメハメハの牝馬など手を上げたうまがみな買えた。こうなると予算内でも、頭数オーバーだったりして。(^_^;)とりあえず、満足のいく買い物ができたということで、今年のセレクトセールは、思いで深いものとなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 11, 2006

6億円馬誕生の影で

Hr0607121ns
 セレクトセール2日目、昨日の1歳と違い当歳のセールは、物凄い活況であった。もちろん話題は6億円のキンカメ牝馬に持っていかれるが、クロフネの全弟の3億も凄い。後者はダーレージャパンが買ったそうだが、前者は藤沢調教師のグループが落札した。凄い。さらに凄いのは社台グループから上場申込された馬は100%の売却を達成しているということで、これも凄いよね。
 そんな影で、我々は地味にキンカメの雌馬やダンスインザダークの雌馬を狙い手を上げてみるも、予算を軽くオーバーしてしまい残念ながら購買にいたらなかった。うーん、高馬ばかりみて、金銭感覚がおかしくなっちゃいそう。(^_^;)
写真はニッカンスポーツHPより
ニッカンスポーツ記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2006

セレクトセール初日

 セレクトセールの初日、千歳のノーザンホースパークへ参戦してきた。あいにくの霧雨模様で、じっくり馬をみる気候じゃなったが、大勢のお客が押し寄せていて、やはり日本一の市場は健在というかんじだ。初日は1才セールなわけだが、わが陣営としては、将来の繁殖牝馬として楽しみがあるものという条件で、出物があれば手を上げてみるというスタンスで挑んだ。途中、面白そうな馬が主取りになってたので、馬を見行くとまずまずの馬、価格さえ安ければと思ったのだが、レントンゲンと内視鏡の検査結果を獣医に見ていただいたら、問題点が数点みつかり諦めた。その後は、後半に候補馬がいて、なんとか南アルゼンチンの短距離チャンピオンを母にシンボリクリスエスを父にもつ牝馬を購買することができた。南半球の血統って面白みがありますからね。(^_^;)
 セレクトセール初日の結果

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 09, 2006

販売情報誌完成

Jahannbai
 私が利用している、@niftyのブログシステム、ココログですが、ここへ来て非常にレスポンスというかアクセス環境が悪くなっております。システム的な障害だとおもうのですが、閲覧はそうでもありませんが、書込みが非常に時間がかかる状態です。みなさんにはご迷惑をおかけするかも知れませんが、ご承知おき下さい。
ブログシステムが遅くなってるかというわけじゃありませんが、少し古いねたで、私が軽種馬生産協議会長を務めております、門別軽種馬生産協議会が製作した、ことしの1才馬の売り馬情報誌がこのほど完成しました。門別農協に所属する生産者から今年は88頭の掲載がありまして、販売希望価格が明らかになっているところが大きな特徴でしょうか。なにをいいましょう実は私がブラックタイプの作成と版下を作成したわけで、いかにも手作りという感じで仕上がっております。(^_^;)ぜひ一度、ご覧下さい。
 なお、本と同じものがWEBにも上げてあり、インターネットで同じものがみれますので、ぜひこちらもご利用下さい。上場馬のお問い合わせは、直接生産牧場か、あるいは門別農協まで
門別農協HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 08, 2006

施設見学

Dsc00040
昨日、今日と将来の為にと、近くに出来た社台ファームグループ、ブルーグラスファームの新しい厩舎と診療所、そしてダーレージャパンファームの富川ヤードとスタリオンコンプレックスを見学してきた。どちらも普通じゃかけれないほどお金をかけた牧場だから参考などにはならず、ため息が出るのみであった。とくに社台の厩舎は良く考えられており、真似るところは多くあったかと思う。そして厩舎や診療所だけでなく、牧場全体がゴルフ場かテーマーパークかのように綺麗に整えられている風景は、牧場の持つ姿勢のようなものがよく出ているなと感じた。
うーん、こりゃ同じ土俵に上がるまでも、かなり道は険しいよね。そんなの見学まえから分かっていることですが(^_^;)
(写真はダーレースタリオンコンプレックスでのアルカセット)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 07, 2006

バルクが旭川で出走

今朝の新聞に、シンガポールエアラインカップG1を優勝したコスモバルクが秋のJRA挑戦に向けてホッカイドウ競馬で一度出走することが報じられております。出走予定は、ブリーダーズGT当日の8/17で別レースのオープン戦を用意するそうです。出走を希望するホッカイドウ競馬事務所とオーナー側の意向が合致したもので、すでに4億以上獲得賞金があり別定でも相当の斤量となることが予想されますが、馬齢というわけにも行きませんからね。

スポニチHPの記事

| | Comments (0) | TrackBack (2)

July 06, 2006

前川清「窓」特別

ホッカイドウ競馬、旭川ナイター競馬の第一節は、本日で終わりましたが、イベントとして前川清を一日上場に向かえ、パドック解説や優勝者へのプレゼンター、そして競馬終了後にはミニコンサートを行ったということです。また12Rは前川清「窓」特別と冠レースも行われました。競馬好きで有名な前川清さん、今春のクラシックを賑わせたコイウタは記憶に新しいところです。今後もホッカイドウ競馬にお越しくださいね。はたしてこの手のイベントが馬券にどれくらい効果があり費用対効果がいかほどのものか、わかりませんが、私はこういうことはドシドシやったら良いと思うたちでした、旭川ナイトレースは毎晩お祭り状態でも良いんじゃないかと思っております。出店とか集まってくんないかな。(^_^;)

| | Comments (6) | TrackBack (1)

July 05, 2006

ダーレージャパンの馬主登録見送り

今朝の新聞で、JRAの馬主登録審査委員会は、ダーレージャパン・ファームから出されていた馬主登録申請への認可を見送るという結論を出したと報じられていた。スポニチではダーレー・ジャパンファームの財務状況に問題があり、申請を却下という報道だが、ニッカンスポーツでは、見送りという言葉を使い、近い将来には認可があるというニュアンスを含めている。まあ実情は分からないがそろそろ認可されるかなと思っていたので意外であった。まあ、ダーレージャパンファームの財務状況がJRAの基準を満たさないんなら日本に基準を満たす牧場などあるんかな?とは思うが。まあ、国際問題にならないように願うばかりです。
一方で、JRAから関連会社への天下り、そして受注が専属的に行われていて改善されていないという報道も毎日新聞トップに掲載され、馬自体の報道以外の政治的な部分で、しばらく紙面をにぎわすかもしれないですね。

ニッカンスポーツHP記事
スポニチHP記事

| | Comments (28) | TrackBack (0)

July 04, 2006

八戸市場

Dsc00039
朝4時30分に八戸港に到着も、フェリーの中でも換気の良いところをとってくれていたために、トラックが船から出るのは、やや1時間近くたってからでした。その後、地図を頼りに目的地の八戸家畜市場へ。意外と迷わず行けたのですが、着いてから、馬運車はどこに入れば良いのか分からず右往左往。馬を厩舎に入れて一息ついたときには6時半ごろとなってました。私たちのいる4号厩舎は北海道組の人達ばかりで、真剣にコンサイナーをされている人たちが集まり、活気がありました。セリはあいにくの霧雨模様で肌寒い一日でしたが、馬の方はセレクションセールに負けずに立派な馬が多く、驚きました。客もそれなりに大勢見えてるようで、期待したのですが、全体的に馬に見合った金額まで行かない馬が多かったように思えます。買う側としては、良い市場だったのではないでしょうか?当牧場から上場した牝馬は、お代の声が希望価格まで上がってこなかったのですが、せっかくのお声かけでもありますし、青森まで来て、主取るのもと思い、販売させていただきましました。購買してくださった方、そして市場関係者には大変お世話になりありがとうございました。青森で売った馬も一度は北海道へ持って帰る訳で、夜のフェリーに向けての帰りの道となりました。
思ったのですが、青森ということで、岩手のお客や、あるいは南関東の調教師など、北海道市場では見ない顔が結構多く来場されていたように思います。そんなのを考えると、馬を馬運車で積んで、東京や名古屋、あるいは大阪などで市場を開くなんてのも将来は有りなのかな?とちと考えさせられる、良い経験をさせていただきました。
(写真は当牧場飼養のアジュディケーティング牝馬)
セリ結果は、馬市.COMのHPにてご参照ください。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2006

八戸市場に向けて

今年、はじめてのトライとして、明日の八戸市場へ(有)三浦牧場の馬1頭をコンサイナーとして上場してまいります。アジュディケーティングの雌馬で、馬は良い馬です。私が三浦牧場と別れて初の仕事ということで、勝手に八戸市場にエントリーしちゃいました。(^_^;)すでに馬運車や手入れ道具などの準備も完了。馬も最後のシャンプーを終わらせ、餌の準備もOKなんですが、なにせ初めての八戸市場遠征、どうなることやら。そもそも、何故に八戸市場?と思われるでしょうが、日高のセレクションあたりだと、いっぱい良い馬が出てくるので、うちあたりの良い馬は、どうも目立たない。そこで2年前あたりから八戸市場に注目していたのですが、みな考えることは同じで、ことしは大挙北海道から40頭近く上場する馬が出てますね。(^_^;)こんなに日高から馬が行くとなると、フェリーが満車かもと脅かしのアドバイスをくれた方もいるので、とりあえず、行きのフェリーは念のために予約したんですが、どうなりすやら。この後、7時過ぎぐらいに馬を積込、9時発のフェリーで八戸へ向かう予定です。明日は、セリが終わった後に、また夜間のフェリーで帰ってくるというワールドカップの弾丸観戦ツアーにも負けないハードな予定です。はたして、この初の試み、どうなりますやら。

| | Comments (1) | TrackBack (1)

July 02, 2006

TCK、地下鉄で全車両広告

06063001_01
地全協のHPによりますと、TCKこと大井競馬は東京メトロの丸の内線と銀座線で各1編成、すべての車両でTCKの広告を施した、『TCK地下鉄車両ジャック広告』を7月1日~14日まで展開するとのことです。注目は蹄鉄をモチーフにしたつり革で、とってもおしゃれです。(^_^;)幸運のお守りとしても知られる蹄鉄、東京の人は、この電車に乗り合わせたらきっとラッキーなことが起こる事請け合いです。その運で大井に行けばラッキーなこと倍増でしょうね。

地全協HP
TCK公式HP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 01, 2006

日高町合併記念式典

Dsc00038
 タイトルの式典が1日午前10時より門別総合町民センターで行われたました。ご存知の通り、私の住む門別町は日高町と去る3月に合併したわけですが、その合併を記念して、合併に貢献した人たちへの総務省から表彰なども行うためにこの7月に行われたのでした。
 まあ、別段華やかな宴があるわけでなく、粛々と表彰と祝辞などが出席された参議院議員や道議会議員などから寄せられ、アトラクションとして門別と日高のよさこいのチームが踊りを披露、STVの木村洋二アナからのメッセージビデオを楽しむというかんじで終わりました。
 まあ、社会にはけじめというか、こういう式典も必要なんでしょう。でも私にはちと場違いでしたな。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« June 2006 | Main | August 2006 »