« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

ユニオン セレクトツアー

20070630150151
 30日、ユニオンオーーナーズクラブの募集開始前、セレクトツアーが29日から始まり、北海道市場にて今年の1歳募集馬の展示会、そして夜にはウエリントンホテルにて懇親会が行われた。オリオンファームからも昨年セレクトセールにて購買したダンスインザダーク牝馬=アルチプラノ2006(千歳市・社台F産)を提供させていただいており、参加させていただきました。会員の方は180名近くも来場され、どの馬に出資しようかと真剣に見入っておられました。夜のパーティもみなさん活発に生産者の方を捕まえては、募集馬や競馬談議に花が咲いているようでした。私は新参者ですから、あまり会員の方から話しかけられたり、話したりできずに隅っこで大人しくしておりましたが、他の方との会話に聞き耳をたてていると、みなさんディープな会話をされておりますよね。(^_^;)
 ユニオンオーナズクラブのHP

| | Comments (16) | TrackBack (1)

June 29, 2007

すでに3週近く・・・

 すでに、3週近くも書き込みを休んでしまいました。毎日少しでも書くということを目標にしていたんですが、ついつい休むと、時が経つのは早いものですね。
 この間、入院していたとか、具合が悪かったとかいうことは、無かったのですが、今月のはじめにかかった、肩痛がひどく、キーボードを打ってる際にも手がしびれる状態です。針やあん摩をしたものの、結構仕事が混んでて、通いつづけることも出来ずに、ごまかしているんですが、一度ちゃんと通い詰めないといけないですね。休みの最中に書き込みたかったイベント等は回顧録状態で埋めていきたいと思います。
 この先もできるだけ、毎日書くつもりですが、アナがあいてたら、腕がしびれてるんだなとご容赦下さい。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2007

函館競馬場

Pic_stand_fguide_n3
 久々というか、子供のときに親父に連れていかれて依頼の函館競馬場にいって来た。こんなち小さなスタンドだったかな?ふむ、札幌以上に古く見えますね。来年からは、新スタンドの建設がはじまるそうだから、このスタンドにこれるのは、もう何度もというかこれが最後かもしれないな。しかし、一般の馬主席に座ったんですが、A指定席よりも場所が悪いです。それにスペース的に同じなんで、一般の方は夏のレジャー服で歩いてる中を、馬主席だからとスーツとネクタイをしている自分が歩くのは、なんかこちらが場違いしている感じです。(^_^;)JRAでさえこんな感じなんだから、地方競馬も含めて、日本の馬主は、よく辛抱してますね。こりゃ弱小馬主の地位向上委員会でも作らんといかんですかね。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2007

HKYでブギウギナイト

2k70521
17日、日高ケンタッキーファームのラムハウス別館において、ディナーとR&Bの生バンドで父の日を祝おうというイベントがありました。私からするともう少し年配の人達が喜ぶ、札幌の有名バンド「ベーカーショップブギ」がスタンダードなナンバーからオリジナルも含めて2時間の演奏。田舎で食事とともに楽しいひと時を過ごせたです。でも、観客がいまひとつ大人しい過ぎたかな?R&Bよりは演歌の方が盛り上がる可能性が高い、日高ですね。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2007

夜間放牧開始

 通常なら6月に入るとはじまる夜間放牧ですが、厩舎リファームの完成を受けて引越しがあったために、今日から1歳馬の夜間放牧を開始しました。夜間放牧をすると、足元が腫れたり、怪我などが多くなりますから、暫くは注意を払わなくてはなりません。ただ、本来は馬は夜行性の動物ですから、夜に歩くのは好きみたいですね。たまに夜中に馬を見てると一生懸命に草を食べてますから。まあ、よくもああずっと食べていられるなと関心いたしますが、人間の胃との作りが違いますからね。よく夜間放牧をすると馬が一度は悪くなるといわれますが、うちでは当初からぐんと馬が良くなると感じています。もちろん筋力体力的な向上もあるでしょう。問題は、鹿などが夜中に出て馬たちがパニックを起こし大怪我をするというような危険性が昼よりは少し高いことでしょうか。ただ、幸いにもうちでは、そのような事故は、まだありませんが。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 10, 2007

リフォーム完成

Img_2823_1
 5月10日から始まっていたリフォームですが、このほど完成いたしました。いままでの24馬房の育成厩舎が22馬房に、そして洗場が増設になりました。こだわったのは、馬房前面の開閉式の首だし部分、これは開け閉めできるようにしたんで、離乳後の馬や、育成段階の馬などによって使い分けできる格好になっております。吹き抜けの馬房やこげ茶調の柱と白い天井は、以前にリフォームした6馬房厩舎と同じ作りです。
 あとは、セリ馴致や調教馬用の洗い場が増築され、厩舎から外に出ずに洗い場で手入れや馬洗いができるようになっております。興味のある方は、ぜひ一度ご覧にいらしてください。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2007

凄いぞ、10勝目!

 Optimum20note200906
スターレーシング所属馬でシンガポールで走らせているオプティマムノートという牝馬7歳(父パークリージェント)がおりますが、この馬は高岡厩舎所属馬として第一陣としてシンガポールに移籍した馬の一頭です。この馬が本日のシンガポール競馬5RC3において優勝しシンガポールでの10勝目をあげました。獲得賞金も30万ドルを突破。いやー、本当に凄いことです。もちろん共有されている方は、大幅な黒字であることとともに、愛馬が活躍し続けてくれていることを喜んでいただけているかと思います。年齢から、そろそろ共有を解散し、南半球で繁殖入りということも検討していたのですが、今の彼女にとっては、走ることの方がハッピーなのかも知れません。いずれにせよ、もう今シーズンには間に合いませんから、もう少し考えながら彼女の走りを応援したいと思います。

シンガポールターフクラブHPのオプティマムに関する記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

June 08, 2007

岩手でもミニ場外

 ホッカイドウ競馬で成功を収めているミニ場外ですが、岩手でも試してみるようですね。
以下地全協HPの記事を転載

 岩手初のミニ場外『盛岡大通場外発売所』9日オープン

 みちのくレース岩手競馬初のミニ場外『盛岡大通場外発売所』が6月9日(土)にオープンする。
 場所は、盛岡市大通一丁目(ヒグチビル2F)と足を運ぶのにも大変便利。約110㎡のフロアに自動発売機6台、自動払戻機2台と、全12台のモニターが設置された。
 地元競馬ファンにとっては"街なかの気軽に立ち寄れる発売所"となりそうだ。

※『盛岡大通場外発売所』の地図、施設詳細についてはコチラ


***** みちのくレース岩手競馬公式サイト *****



| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2007

東京ダービーに思う

 今日は目出度い東京ダービーということで、日高KFにてCSにて酒を飲みながら観戦。パブリックビュー状態ですが、観戦者は私と隣の牧場マネージャーのみ(^_^;)。
まあ、ああでもないこうでもないと言いながら観戦。結果は報道の通り、3番人気アンパサンド(牡3、川崎・池田孝厩舎)が優勝。うーん、今年も道営出身馬の東京ダービー制覇でしたね。
 池田調教師のインタビューを見ながら、挨拶もそろろに終わると、隣のマネージャーが「なんで、そこで米川昇調教師はじめ北海道競馬のスタッフに感謝します。と言えんかな?」といきなり携帯電話で池田調教師に電話して、そう言う当たりが、凄いなとおもったしだいです。(^_^;)

 東京ダービーの記事

| | Comments (1) | TrackBack (0)

売りつつ売られつつ

 「持ちつ持たれつ」という言葉がありますが、いまや地方競馬は「売りつつ売られつつ」ですよね。地全協のHPによりますと、名古屋競馬は、昨年に続き、毎日発売をテーマに開催中以外にも他場の発売、それも南関東や北海道のナイターをも発売するそうな。こんな感じでオーストラリアみたいに沢山の競馬場が同じ日に競馬をしていて、それをどこでも場外や本場で買えるというのも、楽しいですよね。もちビール片手にですけどね。(^_^;)
 地全協HPの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2007

キストゥヘヴン、ディアデラノビアも米G2出走へ

へーぇ、俄然海外競馬にチャレンジする馬が目立ちますね。牝馬って輸送競馬にはどうなんでしょうかね?まあ、馬の性格によりますか。ともかく大変でしょうが、頑張って欲しいですね。たまに記事内容をそのまま以下に抜粋します。

 記事元はヤフースポーツ

Continue reading "キストゥヘヴン、ディアデラノビアも米G2出走へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2007

と言ってたら2日続けて勝ちやがった

 昨日、英国ダービーをフランキーが初優勝したと書いたけど、なんと次の日に行われた仏国ダービーをもローマンで優勝しちゃったそうです。同一年度の両国ダービーの同一騎手の優勝は17年ぶり4人目だそうです。フランキー自身は仏ダービー優勝は92、05年に続いて3度目とのことです。うーん、フンランキーやるね。(^_-)-☆
 ヤフー素オーツの記事

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 04, 2007

あら、フランキーは初優勝だったのね

 ザ・ダービーこと英国ダービーは2日、一番人気のオーソライズドが人気に応える強い勝ち方をした訳ですが、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手は、これがザ・ダービー初勝利だそうで、さぞかし嬉しいでしょうね。(^_^;)
 まあ、いづれは勝つ日が来たでしょうが、本人も肩の荷が降りてほっと一息という感じだそうです。

 ヤフースポーツの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2007

安田記念はダイワメジャー

2007060300000007kibahorseview000
 安田記念はダイワメジャーが着差以上に強いと思わせる勝ち方でしたね。アンカツは見せるときは見せてくれます。あたりまえか(^_^;)、2着のコンゴウリキシオーは、ストラヴィンスキー産駒ということで狙っていたので、なんか久々のG1競馬での馬単ゲットでした。まあ、春のG1戦線、最後に予想が当たって良かった良かった。(^_^;)
 ヤフースポーツの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2007

英オークスはライトシフト

 報道によりますと、現地時間の1日に行われた英オークスは4番人気のライトシフトが優勝したと報じられてます。このライトシフトは米国産馬ですが母ランジェリーは、一時ノーザンファームに居たようで、日本産でヘクタープロテクター産駒のシーバが英国ゴールドCG1を制覇したりリムノフが仏国のG22勝をしております。
 これって、ノーザンファームは、また米国で自分で持っているんでしょうかね?あるいは売却したのでしょうか?いずれにしてお、お祖母ちゃんは仏オークス勝馬のノーザントリックということで、凄い血統ですよね。
 英オークスの報道記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2007

もう6月です、早いですね。

いやー、早いもので6月です。なんかやけに時の流れが速く感じるのは年のせいなんでしょうかね?(^_^;)
報道によりますと、美浦のトレセンにオールウェザー馬場が造成されるそうです。新聞ではポリトラックと呼んでますが、ポリトラックは商品名ですね。世界の競馬、特にアメリカはオールウェザートラックへの移行が進みだしております。もしかすると、馬の世界にとって、今世紀最大の出来事となるかも知れないほどの、大問題という人もいます。米国のダートがスピード体質のレースに変換となるからだというのです、そしてその際には日本のスピード競馬に対応している血統が世界で有力となるという話へと発展するんだそうで、はたしてどうなりますね。おそらく、美浦のトレセンでテストを重ねてから、実際の競馬場のダートの変わり使用すると言うことになるのでしょう。そんな時代が来るのか楽しみですね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »