« July 2007 | Main | September 2007 »

August 31, 2007

8月最終日

 暑かったというイメージが強く残る今年の8月も今日で終わり。流石に今週になると秋の気配が出だしましたね。午後からは、明日から行われる自治会にある神社のお祭りの準備。今年は当番班ということで、明日の夜宮、明後日の本祭りと、ずっと手伝いをしなくてはなりません。とりあえず、今日は境内の清掃と、提燈やステージとなるトラックを設置、テントを二張りたてて、必要な物品の搬入。結構な装備となりました。ただ、行き当たりばったりなんで明日になって不足物が無いとも限りませんが、とりあえずは夕刻には終了。明日はどうなりますかね(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 30, 2007

うーん出遅れで

 オリオンファーム所有の2歳馬が2頭ホッカイドウ競馬に所属しています。どちらも5月のひだかトレーニングセールで未売却だった馬なんですが、既にウルフジアンという一頭はデビューしており、フレッシュ4着、ルーキー2着、ソエが出ての前走は8着という成績。そして今日の4戦目からは、ホッカイドウ競馬独自の馬主勝負服を使用してのレースとなりました。青、黄星散、袖白縦縞という勝負服を初めてモニターで見たのですが、どうもイメージよりも黄色が薄く感じました。
 競馬は、スタートで後手を踏み、後方での競馬から追い込んでの6着。内容的には、前走よりも中身はあるものの、まだまだ。うーんスタート五分なら入着は余裕なんでしょうが。今後は距離のあるレースも使ってみる必要があるかも知れませんな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 29, 2007

デルタブルース&ポップロック、豪遠征断念

豪州で行われるメルボルンカップに出走予定だったポップロックとデルタブルースは、正式に回避を発表しましたね。以下にnetkeiba.comの記事を抜粋。

 現地時間11月6日に豪・フレミントン競馬場で行われるメルボルンC(豪G1、芝3200m)に登録を行っていた昨年の覇者デルタブルース(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)、同2着のポップロック(牡6、栗東・角居勝彦厩舎)が、同レースを断念することがわかった。
 管理する角居調教師が28日に語ったもの。オーストラリアの規則で、そのレースから2か月以内にインフルエンザを発症した場所の馬は出走できないことによる。
 現在、2頭は北海道安平町のノーザンファームで調整中。今後はジャパンC(GI)や有馬記念(GI)など、国内のレースを目標に調整される予定。

抜粋終わり。

 ただ、豪州もEIの影響でメルボルンCの開催自体が心配されている状況なだけに、無理ですもんね。でも目標を日本に向けても、もしこのインフルエンザ騒動が長引いたら秋のG1戦線はどうなってしまうんでしょうね。現状でJRAの施設にいる馬だけで行うとなったら、G1級の牧場で休養していた馬は出走できなくなってしまいますよね。そんなことが起きないように祈るのみですな。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 28, 2007

星国へ輸出禁止

 馬インフルエンザが日本とオーストラリアで発生していることを受けて、シンガポールターフクラブは当面、日本とオーストラリアからの輸入を禁止すると発表したようです。うーん、やはりというか私どもの今後の輸送計画にも影響が出そうです。一刻も早い正常化を望むばかりです。しかし、巷では馬インフルエンザ(EI)に対していろんな論評がされていますね。JRAの対応の悪さ、お国である農水省の対応、あるいはウィルス学的立場から簡易検査キットでの検査の信用性について問いかけをしている人もいます。なにわともかく、感染馬一頭も無し状態にしないといけんのでしょうから、かなり時間がかかるのかな?
 シンガポールターフクラブの発表

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 27, 2007

夕日に向かって

Img_2938_2
北海道にも残暑ってあるんだなと思わせるような日が続いていますが、徐々に日没の時間が早くなってきて秋が直ぐそこまで来ていることを知らされます。牧場から西に向かって幻想的な夕焼けが出てたので、ふと写真を撮ってみました。でも、出来上がった写真は色がちっとも実際に見たものとは違ってます。もう少しカメラの知識があれば設定を変えて現実に近い写真になるんでしょうが、一眼レフのデジカメを使用してはいるものの、ほとんどバカチョン状態での撮影なので、こんなんが限界です。(^_^;)
同じことは、馬の写真を撮る際にも思うんですよね。これからは、売るためのカタログ作成や、成長報告のレポート作成ために、ますます馬の写真を撮る機会が増えると思います。いちいちプロのカメラマンを呼ぶわけにも行きませんから、もう少しカメラの知識を勉強しようかなと思う今日この頃のスナップ写真ということで。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 26, 2007

インフルエンザの猛威は南半球へ

 どうやら、インフルエンザ(EI)の猛威は南半球のオーストラリアへ飛び火したようです。なんでも日本からのシャトルの種馬を含む検疫中の馬からEIが検出され、さらに現役馬の厩舎でも感染馬が出たようです。最初はシャトルで検疫されている馬の検疫が1ヶ月伸びるということで、それだけでも大変な生産界への影響があると伝えられていたのですが、オーストラリアの統括機関は、全土での馬の移動、そして競馬を中止したようです。
おりしも日本のJRAが競馬をEIがあっても強行しているのとは対照的に処置です。このままだとメルボルンカップの開催も危ぶまれている様です。もちろん日本からの遠征馬は受け入れないことでしょう。日本馬の2年連続制覇は、ほぼ無いことになりそうです。
 オーストラリアではインフルエンザワクチン接種は、どうなっているのか分かりませんが、もし未接種であるということならこの様な処置を取ることも必然性があるのかも知れません。いずれにせよ、問題がデリケートなだけに、今後の成り行きに注目したいと思います。
 実は、当牧場としても関係ない話ではなく、オーナーがオーストラリアで購買している馬への交配相手はシャトル種牡馬ですし、現地で調達したサンデーサイレンス肌の繁殖への交配も9月に入ったらすぐに行う予定でしたので、予定が狂っているのです。一刻も早い沈静化を望むのみです。

 シャトル種牡馬からEIが検出のニュース
 豪州全土で競馬中止のニュース

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 25, 2007

夏の1歳市場に思う

 北海道市場は、5月のトレーニングセールからはじまり、7月のセレクション、そして8月のサマー。さらには10月のオータムセールと進むのだが、ここでもう一回開催日程について考察してみたい。
 今年はトレーニングセールは、札幌競馬場のダート馬場改修のため6月ということで心配されたのだが、売れ行きはまずまず。来年からはまた5月に戻すことを念頭においているだろうが、もしや6月でも良いんじゃないだろうか?5月の浦河の日高TSとの住み分けもできるし、調教もじっくりいけるから、5月には間に合わない馬にも良かろう。
 セレクションセールだが当歳市場は、セレクトセールとの兼ね合いもあり辛い立場だ。いっそのこと思い切って当歳市場は廃止するのも手ではないだろうか、その分を1歳上場馬を増やせば良い。さらに一日開催日を増やして3日間開催ぐらいでするのも試してみる価値はあろうかと思う。但しそのうちの1日はセレクションで上級馬。あとの2日は一般馬として選定はなしとするのだ。
 サマーセールは、5日は長過ぎる。お客さんも5日間通して入れる人というのは、プロを除いては少ないであろう。私はサマーセールも3日ぐらいに短縮するべきかと思っている。そして初日はセレクションとして上級馬のみとし。残りの2日間は一般馬とする。この月でのセレクションセールからの再上場組みは受け付けずに、7月と8月は一発勝負。そして主取り馬などの再上場組みは新たに9月市場を2日程度設け、一般馬とともに受け入れるのだ。
 さらに10月市場では、当歳1日。1歳2日程度の日程で組むというのが良いんじゃと考える。もちろん1歳については、7月8月9月からの再上場を受ける。本当は当歳市場もニーズは少ないかと思うのだが、離乳後の当歳の売り道は確保しておくのも一つと思うからあえて存続とする。
 また、セレクションを主催者が選定することに疑問を訴える人もいるようだ。むしろ上場する側がセリ開催日の中から自分が上場する日を選べるようにするのも手かと思う。ではみな、7月の初日に申し込むと言うかもしれないが、そこはプロ。自分の馬がどんなレベルかは自分が知っているのだから、希望する開催日により申込金に差別をつければ良いのだ。例えば7月の初日は30万円、2日目は10万円、3日目は5万円。8月の初日は20万円、2日目は7万円、3日目は3万円とかだ。
 全体として、上場順の決め方も牧場名と繁殖牝馬名で決めるというのではなく、主催者が独自にセリの進行や売れ筋の目玉の配置を考えて決めると良いんじゃないかと思う。組合だから公平にアイウエオ順というのじゃ進歩がないし、上場者名を初日や最終日にならないように名義借りしている人も目立つようになってきる。まずは、トレーニングセールやセレクションの1日セリなんかは上場順を主催者がアレンジしてみてはどうだろうか。
 まあ、この後に10月市場が控えているので、すべてのセリが終わってからまた考察をしてみたいと思います。
 

| | Comments (0) | TrackBack (5)

August 24, 2007

サマーセール5日目

 サマーセールも今日が最終日。当場からは、三浦牧場から預かりのタニノギムレット牡馬を上場。お客はかなり昨日のうちに帰った人も居る様で朝からの展示での客はまばら。昼ごろにはそれなりに増えてきたが果たして結果は。
 今日はセリ序盤から活発な売買がなされていた。ただ売却価格は、低め。やはり買い手市場に進んでいるようだ。今日の最後に別冊に八戸市場でリザーブ馬と7月セレクションセールからの上場組みがあるのだが、まさしく内からの上場馬もセレクションセールからの再上場組み。お代は1000万だったのだが、セリリングでかかったお声は450万円。流石の三浦牧場場主もこれにはウンと言えずに主取りとなりました。出口でお一人からお声を頂きましたが、これも500万円。うーん不成立。
 これで、この夏市場は、全敗となってしまいました。いかんです。反省。(T_T)
夜に反省会ということで、HBAの参事と会食。そこで面白い話を聞いたです。なんでもセリで自分が買おうとした馬と違った馬を落札してしまったようで、キャンセルしたいという人がおいでだったようで、その方がうちのタニノギムレットを400、450とお声をかけていただいた人だったようで、ちなみにうちのはお代は1000万、次に落とそうとしたタニノギムレットは1200万、それを200万と声をかけたら落ちたのですが、うまが一頭先の馬だったということのようです。まあ、そりゃ自己責任でしょうね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 23, 2007

サマーセール4日目

 さて、今日は当場からの上場馬が無いということで、午前中にダーレージャパンファームを尋ねて、10月市場に上場予定の1歳や下で売却可能な1歳を見て歩いた。ノミネーションディレクターのシェーンに案内してもらいながらビーチヤード、平取ヤード、門別ヤード、富川ヤードと歩いてまわったら、3時間以上かかっちまいました。とりあえず、シンガポール向けに良さそうな牡馬を一頭決めて、セリ市場へ。
 午後からそれとなく市場を見つめる。どうも今年の市場は、セリの前半が売れ行きが思わしくなく中盤から後半にかけて売れてきて帳尻が合うという結果になっているような。そういや、どうも朝一からの展示には人が居なくてお昼頃に人が集まってくるなと感じるのと、因果関係があるのだろうか?
 いずれにしても、8月市場って、もう少し販売方法や頭数の割り振り、日程の変更など考えていただくことが多すぎるとおもう。具体的なことはまたの機会に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 22, 2007

サマーセール3日目

 昨日の、雨から一転、今日は陽射しも強い晴天。今日は、オリオンファームの生産馬として去年初めて生まれた1頭を上場。アジュデケーティングの牝馬なのですが、ちょうど今日の4Rで全姉が船橋の新馬戦をデビューする、それも上から下まで◎のグリグリ状態でセリへの良いハズミにならないかと期待していたのですが、まさかの出負けで後手後手の競馬をしてしまい2着。競馬に絶対は無いですよね。
 がっかりした気持ちで、セリに上場もお声なし。今後良くなる馬なんですけどね。
 夜には、JRAから今週の競馬開催をするということで、まずは何よりじゃないでしょうか。インフルエンザに対して少し過敏な反応を報道関係もしていたので、今年は気づいてしまったけど、例年元気な外見は分からないキャリアがいるのかもと思えば、外見上健康な馬は調教師の判断で調教、そして出走させることは、日ごろからいつもやってることと同じですよね。簡易キットの結果の信頼性に疑問をかかげる人もいるようですし。まずは、開催、そして今後に注目いたしましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 21, 2007

サマーセール2日目

 オリオンファームからは一頭が欠場となり預託馬4頭を上場。しかし結果は、全馬主取り、厳しい現実です。(T_T)朝から蒸し暑い日でしたが展示が終わり、セリ開始の頃にはスコールの様な雨が降り出しました。これは生産者の涙雨ですね。(^_^;)後でも見ると全体で30%の売却ですから、少しは売らんと。セリ全体の雰囲気は、まあ例年の夏セリという感じでしょうか。
 オリオンファーム上場の馬に興味がある方は、お問い合わせ下さい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 20, 2007

サマーセール初日

20日、日高の静内にて北海道市場サマーセールが5日間の日程で開幕した。集まる人の話題は、やはりインフルエンザ。まあ、当歳や繁殖牝馬にかからなきゃ育成場では、そう大きな問題じゃないという見解の人が多かった。まあ、流行風邪ということですから。適切な休養と治療でみな治るわけですから、必要以上に怖がる必要は無いということです。
そんな中、どうもセリ結果の方はいまひとつ、売却率、平均額、総額すべてが昨年の初日よりも下落。先月のセレクションセールまでの勢いがありません。まあ、初日が悪いのは毎度のこと、明日からの好転に期待です。明日は、預かっている賀張三浦牧場の馬を4頭上場。
どうなりますか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 19, 2007

恐れていたホッカイドウ競馬の中止

 JRA転入馬一頭からインフルエンザの陽性反応が出ていたホッカイドウ競馬は、今週の開催を中止することにしたと報道されている。うーん、この転入馬、ちょうどインフルエンザ騒動が報道された当日に入厩したらしく、危険を感じた関係者が直ぐに退厩させたとのことで、丸一日も厩舎に居なかったという話ですが、その後の転厩先での検査で陽性が確認され他馬への伝染が心配されていたところでした。
 とりあえず、今週中に全馬の検査を行いその結果を見て来週以降の開催をするかどうか決めるということのようです。何故にこの週末に検査しないの?とお思いでしょうが、どうやら今この簡易検査キットは全国の競馬場で奪いあいのようで、全頭分確保できるのが今週の木曜らしいのです。
 大井の場合もそうでしたが、このキットさえあれば開催できただけに実にもったいないことです。ちなみにこのインフルエンザ簡易検査キットは人間のものと同じそうです。冬の人間インフルエンザが流行しているときじゃなくて良かったですね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 18, 2007

インフルエンザ、大井に飛び火

 朝から、フーチュリティという雑誌の当歳の写真撮影にてこずっていたら、インフルエンザの疑いがある馬が大井に発生、大井競馬はナイターで予定されていた今日の競馬を中止することにしたとのニュースが飛び込んだ。前後して、金沢競馬でも感染馬が発生、明日明後日に予定されていた開催を中止するとのこと、危惧していた地方競馬への飛び火が、3日目にして現実のものとなってしまった。
 こうなると、すでにホッカイドウ競馬でも転入馬が感染しているから火曜からの開催をどうするか、検討していることであろう。
 今の時代、ワクチンは打っているけど、交通インフラの発達で中央地方の交流、そして競馬場と育成場の頻繁な馬の出入り。その育成場などはにはJRA、地方関係なく馬がいるわけだから、たとえば大手のJRA、地方ともに所有しているような馬主の馬が、育成牧場などでは肩を並べて育成されており、そこには他の馬主の馬も含めひっきりなしにJRA所属馬が出入りしているなんてことは、常に行われているわけで、36年前に大流行した時代とは比べ物にならないほどの馬流?(物流)が行われているのだから、ウィルス性疾患は一気に全国に広がる危険性を含んでいますね。
 でも、素人ながらの疑問なんですが、何故に夏のこの時期にインフルエンザ?感染源は特定できるのか?そしてワクチンの効能はあったのだでしょうか?そして実は今年だけでなくて、今までにもキャリーしていた馬がいたんじゃ?などなど頭に浮かびます。
普段は馬券が当らない週末なわけですが、とにかく大変なことになりそうな予感だけは、今週も当って欲しくないものです。
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 17, 2007

インフルエンザ蔓延か?

 昨日の段階で週末の競馬は行うと発表していた、JRAだが今朝になって、他にも感染馬が東西で発見されたために、開催中止という発表がなされた。一歩後手を踏んだ感じだが、その影響で輸送開始してしまった馬がいたりして被害というか迷惑を被った馬も多数でたようだ。
 生産地でもこの話題は、瞬く間に広がり、会う人によって、山元トレセンが汚染源らしいとか、いやBTCではかなりの感染馬がいるらしいなどの憶測が飛び交い、公式発表などが無く事実はどうなっているのか分からない状態。HBA軽種馬組合から馬の健康状態の電話での聞き取り調査があり、どうやら月曜日からのサマーセールを予定通りに行うかどうか午後から協議に入るとのこと。こりゃ日高でも結構感染している馬がいるということが想定される事態だ。
 サマーセールは夕刻、協議の結果、防疫をしっかりして予定通り行うことで決定。JRAのように明日明後日で感染馬が蔓延しないことを願うのみ。ただ、一同に1000頭以上の馬が集まる市場だから、もし感染馬がその中にいた際には大変なことになるやもしれないですね。生産地自体では、ちょっと重い風邪程度ですみますが、もし日高から移動した馬が今度は地方競馬で発症、伝染を繰替えした場合、今の地方競馬の主催者に経営的に乗り越えれるところがどれだけあるか、考えただけでもぞっとします。
 とにかく、自分も自牧場の馬の健康状態のチェック、他所からの移動の制限など自防疫に注意を払うしかありません。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 16, 2007

馬インフルエンザが発生

 朝から馬インフルエンザ感染馬がJRA栗東美浦のトレセンにて発生しているとの報が流れた。昔にインフルエンザの大流行のために開催が2ヶ月間中止されたという話は聞いたことがあるが、何せ36年前のことで、私などはまったく記憶にないから、この先どうなるか心配されるところだ。
 朝のうちは、今週の開催は中止かと思ってたが、午後にはどうやら開催は予定通り行われるとのこと、ただしJRA施設とそれ以外の施設での馬の移動は凍結ということで、厩舎関係者、育成関係者は大変なことになりそうだ。また、今夜旭川で行われるブリーダーズGCは、JRAの馬の出走が除外されるとのこと、これは地元馬にとってチャンスではあるが、馬券の売上は激減しそう。今週移行の交流競走も行われないから、地方競馬に痛手だろう。とにかく馬の輸送がないということで馬輸送会社への影響もあるだろうし、大変なことになりそうだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 15, 2007

終戦記念日ですが

 終戦記念日の今日、あれだけ靖国に参拝する気満々だった安部首相、参議戦の負けのせいなのか、やっと修復の方向に向きそうな中国外交を見据えてなのか、参拝をしませんでしたね。全閣僚に統一して指示を出してたのかなと思いきや、一人、高市沖縄相だけが参拝してたんですね。これって、閣内におふれをだしてたわけじゃないということなんですね。
 一方、JRAに目を向けると、8月末で任期を終える高橋理事長に代わり、土川副理事長が後任となることが発表された。通常JRAの理事長は農水省からの天下りなわけですが、土川氏はJRAの生え抜き。ここのところの、天下りバッシング、そして農水省のゴタゴタが影響してのことでしょうが、この一回の人事に終わらずに、今後も理事長はJRA内部からというほうが、良いなと私も思います。
 まあ、競馬のことなど知らない人がトップにいきなり付くよりは、当たり前のことなんですけどね。日経の野元氏のコラムにその筋の事が書かれてますが、これを読んで人事が決まったということは無いんでしょうけどね(^_^;)

日経野元氏の記事

JRA人事の記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 14, 2007

サマーセール上場馬

 今日も暑い日高です。しかし昨日よりは少しは温度は低いかも知れません。オリオンファームからサマーセールに上場される7頭の動画を撮影してみました。初めてなんでどうも上手く行きませんが、仮設HPを作成しましたんで、ブラックタイプ、写真とあわせてご覧下さい。
 サマーセール用 仮設HP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 13, 2007

暑いです。(>_<)

 昨日あたりだと、30度になったと、まだ喜んでおりましたが、今日は軽く30度は突破。温度計は34度を示しております。いかん、ここは何処?状態です。当歳とかは、午前、早めに入れてやりました。夜間放牧の馬もいつもより早く収牧です。日高は30度を超える夏など、めったに無いのに、やはり温暖化?東京などはもっと大変でしょうが、明らかに変ですよね。こうなると暑さを楽しむとか言ってられません。食べ物にも気をつけなくては。
 何か馬の話と思ったんですが、とても無理です。はやいところ水浴びします。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 12, 2007

夏本番!!

 いや、ジメジメした雲は去ってくれたんですが、いきなり物凄い暑さです。30度くらいには感じます。ほとんどの馬は夜間放牧してますから、日中の暑いときは馬小屋に入ってるんですが、離乳したての当歳は通常の放牧。この陽気が続くようなら考えないといけないな。
 まあ、一気にここまで暑くならなくても良いだろうと思いますが、短い北海道の夏、帰省中の人にはこれぐらいは良いのかも知れません。
 昨日からJRA札幌開催がはじまりました。様子を見に行きたかったんですが、麦藁の搬入があっていけませんでした。来週はセリ前だし、やはり23日の週末あたりが今年初札幌競馬かな?まあ、その頃には、もう少しすごしやすくなっているでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 11, 2007

シンボリクリスエス産駒が初勝利

 本日の小倉2R2歳未勝利、芝1200mにおいて、シンボリクリスエス産駒のギンザフローラルが優勝しました。これたファーストクロップサイアーとして、JRA、地方を通しての初勝利となってます。ここまで数頭がデビューして着この多いものの勝ち馬が居なかった同産駒。父も晩生タイプでしたから、産駒もこれからなのかもしれませんね。
オリオンファーム提供、ローレールクラブで募集したギフト(小崎厩舎)も、栗東でゲート試験を終えてデビューへ向けて準備中。徐々に活躍馬が増えてくることでしょうね。
 ローレルクラブのHP

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 10, 2007

DJFに移籍なのね?

 アドマイヤムーンがダーレーに40億円で売却されたことは、すでに承知のことですが、このほどJRAからそのアドマイヤムーンの馬主登録が近藤利一氏+吉田勝巳氏からダーレージャパンファーム(有)に変更されたと発表された。あれ?これってダーレージャパンファーム(DJF)に移籍したんだ。私はてっきりダーレー本体が買って、ドバイか欧州あたりで走らせるんだろうと思っていた。とりあえずこれは、残りの日本での数戦の暫定処置なんかな?
 あと、DJFの勝負服は、海老、白十字襷。となって登録されたそうで、アドマイヤムーンにその勝負服が乗るのってどうもイメージ沸かないですね。いっそのこと、金払ってでも青一色の勝負服を登録していまえばよかったと思うんだけど、そんなもんじゃないのかな?
 アドマイヤムーン登録変更の記事
 ちなみに、オリオンファームの勝負服も登録しました。って、まだホッカイドウ競馬だけですけどね。青、黄星散、袖白縦縞。となっております。見かけたら、海老、白十字襷。以上に応援してやってください。m(__)m

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 09, 2007

なんだか蒸し暑いぞ

今週に入って、どうもスッキリしない天気が続いている日高です。気温は上がって25度近くになるのですが、雨や曇り、とにかく湿度が高い。まるで梅雨のような天気です。本州からのお客さんも、北海道はもっとカラッとしてるかと思ったよと言って帰られます。本州の梅雨が明けて前線が北海道付近に停滞してるようで、天気図でも梅雨?と思いたくなる形をしめしてます。この天気、もう少しは続くようで、どうも北海道の夏らしい天気はまだ来ないようです。と言ってる内に旧盆を過ぎたら秋風が吹くんですから、そろそろ良い天気になってほしいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 08, 2007

ウォッカ遠征取りやめ

報道によると、昨日書いたウォッカの凱旋門賞遠征の黄色信号は、赤信号に変わり本日発表になったようです。うーん、残念ですね。2日間程度の馬場入り休みがこの秋のレースにどれだけおの影響があるか分からないですが、完全でないのに長旅をすることで蹄葉炎など起こす危険もありますからね、陣営の判断ですからしょうがないですね。
この先の予定は発表されてませんが、秋は国内でレースということもあるのではないでしょうか?日本で牡馬を蹴散らすのも、見たいのは見たいですからね。今後の完治を祈り、早くレースで走るウォッカを見たいものです。

 遠征取りやめの報道

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 07, 2007

凱旋門賞に黄色信号

 ウォッカが脚部不安で凱旋門賞出走に黄色信号が灯ったという報道が夕方になって出ております。なんでも、右後の蹄球炎を発生。15日に予定されて美浦への入厩を中止、現在は様子見の状態とのことです。牝馬によるダービー制覇という快挙を成し遂げたウォッカ。名前から女の子っぽくない印象を受けますから。秋のフランスでのウォッカブームが巻き起こるのを楽しみにしていただけに、順調に快復してくれて、遠征の中止がないことを望みたいです。
記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 06, 2007

お見舞いの勝利

 なんでも報道によりますと、音無調教師が土曜日、新潟の装鞍所で馬にのしかかれ肋骨を2本骨折、3本にヒビが入るという重傷を負ったという。スポーツ紙などは、それでもカンパニーが関屋記念を勝ち重賞制覇したということで、師匠へVでのお見舞いと報じているのが面白かった。
 あの小さな音無先生だから、押し寄せられただけでも下敷き状態になっちまうから、入院などせずに加療だけで良いということで、不幸中の幸いというか、大事にいたらなくて良かったです。って音無先生とは、田中良平厩舎所属の際に何度か会ったことがあるだけで、調教師開業後お会いしてません。いやまビッグな大調教師ですがぜひ日高にお越しの際にはオリオンファームにもお立ち寄り下さい。というラブコールを含めまして、私もお見舞い申し上げます。m(__)m
 音無調教師重傷というかカンパニー重賞制覇の記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 05, 2007

函館2歳Sはホッカイドウ競馬所属馬

函館2歳Sをホッカイドウ競馬所属のハートオブクィーンが優勝しましたね。この時期の2歳はホッカイドウ競馬の馬が経験値もあり強いですね。特に今日は、台風の雨の影響でかなりの重馬場。馬場の適応性も高かったんでしょう。他の馬が最後の直線で苦しんでる中、一頭だけ伸びてきましたからね。今後の活躍にも注目です。
オーナーは、まだJRAの馬主登録をされてない方のようで、この秋に登録したらJRA移籍も検討しているということです。まあ、マイネルじゃないんだから、ホッカイドウ競馬所属のままというのにこだわる必要はないでしょうから懸命な選択ですよね。ただ、ホッカイドウ競馬には今年はこのハートオブクィーンよりも期待の持てる馬がまだいますから札幌でも大暴れするかも知れませんよ。楽しみです。
ハートオブクィーンの優勝記事
JRA移籍検討中の記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

August 04, 2007

ビールパーティ

心配した台風の影響は、ほぼ普通の雨降り程度で大丈夫でした。夜に地元の商工会青年部が開いているビールパーティが霧雨状態の中、とねっ仔の湯の前で行われました。雨にも関わらず結構な人が集まってました。天気がよければ外に椅子とテーブルを出して飲むところ、みなテントの中に入ろうとして人の密集度が上がっていたので余計に人が多く居るように思えたのかもしれません。
苫小牧から芸能人もショーをしていて、田舎じゃめずらしく演歌歌手とかじゃなくて、タッチというグループでした。幽体離脱はしませんでしたよ(^_^;)。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 03, 2007

スティルインラブが急死

 各報道によりますと、牝馬のクラシック三冠馬、スティルインラブが2日に死亡したと報じられています。腸ねん転(腸重積)とのことで、7月25日に腹痛を起こし手術、28日に2回目の手術、そして1日にも手術を試みたそうだた残念な結末となってしまったとのこと。スティルインラブの冥福を祈りたいと思います。合掌。
 ただ、隣の牧場で起きたことですが、新聞やインターネットの報道で知るという今の時代。なんとなく、不思議な気がします。
 スティルインラブ死亡の報道

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 02, 2007

離乳第一弾

 オリオンファームのとねっ仔たちのうち、早産まれグループを今日離乳しました。4頭を連れて来たのですが、一頭は5月22日生れの遅生まれです。もう離乳と思いでしょうが、生まれた直後に母馬が死んでしまい、乳母を付けづにミルクで育ていたので連れてきたんです。従いまして今後は、こちらでミルクをやりながら他のとねっ仔と一緒に育ててみようと思っております。
 夜に、ホッカイドウ競馬を見ていたら、3歳重賞の王冠賞において、久々にカンパイを見ました。実況では、最初カンパイと気付かなかったようで、映像でも旗を振ってる人が見えなかったので、なんだなんだという感じでした。馬によっては相当な距離を走っており、これが再発走後の競馬にどう影響したかは分かりませんが、一番長い距離を走った馬が、勝った馬で強かったですね。
 王冠賞の報道記事

| | Comments (1) | TrackBack (0)

August 01, 2007

講習会2日目

 午後から、JBBAの講習会2日目が静内のウエリントンホテルで開かれる。昨日に続き大勢の聴衆だが、若干昨日よりも少ないかな。今日は、「発育期整形外科疾患」についてだったが、内容的には昨日よりも現場に近い話を聞かせていただいた。質問タイムで日本の獣医さんが治療方法などを質問しているのを聞くと、どうも日本では米国で数年前に流行、今はやらなくなったものをまだ、行っている節がある。こういう最前線の治療では、他の分野でも良くあることだが、日本の場合、馬専門の大学や研究機関が少ないのが致命的なのかもしれない。特に生産分野では。そう考えると、大枚をはたいてJBBAが建てた、指導センターも、どんどん教育や臨床にも早く使って欲しいですね。JRA以外の日高の研究機関として機能して欲しいです。
 大井のサンタアニアTは、ショーターザトッシが優勝ってマジですか。うちのお向かいさんの生産所有馬ですね。(^_^;)とりあえずは、おめでとうございます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2007 | Main | September 2007 »