« August 2007 | Main

September 20, 2007

ブログ終了のお知らせ

 長いこと、気ままに書きすすめて参りました、このブログですが、終了することといたしました。
これまで、つたない文章にお付き合いくださった皆様には、長い間、本当にありがとうございました。

 記事は、今月一杯は閲覧できるようにしておきますが、その後は削除させていただきます。

| | Comments (54) | TrackBack (1)

September 18, 2007

JRA全頭EI検査を終了

JRAが今週からの出走予定馬のEIの全頭検査をしないという発表がされましたが、これと時を同じように、各地方競馬で一斉に沈静化の方向に向いているようですね。データーが正しいかどうかは別として何よりです。

出走予定馬の全頭検査終了=馬インフルエンザでJRA(時事通信)
名古屋で陽性馬出ず/馬インフル(netkeiba.com)
大井で陽性馬出ず/馬インフル(netkeiba.com)
旭川は沈静化/馬インフル(netkeiba.com)

| | Comments (27) | TrackBack (0)

September 17, 2007

敬老の日

 敬老の日の今日、JRAは変則開催で3日目の競馬。うちの牧場は祭日は通常通りの仕事、新厩舎や牧柵、植栽に入ってる業者も今日は、みな平常どおりの仕事をしているので、なんか競馬が開催されているのが変な感じ。不景気な北海道、暦どおりに休む業者は少ないですよね。テレビで安倍首相がこの1年間で公的休みのうちに100日ちょっとしか取って居なかったというデーターをやっていたが、北海道で年に100日以上休めるなんて、そんなに居ませんよと言って上げたい。
 まあ、プレッシャーは私どもに計り知れないものがあるでしょうが、オンオフが下手なタイプ、ひいていは、タイミングの悪いタイプお首相だったということですかね。とりあえずは、一日も早く元気になられることをお祈り申し上げます。

| | Comments (15) | TrackBack (0)

September 16, 2007

植栽

 さて、とうオリオンファームですが、先月末より牧場改造工事が始まり、ご近所の方には工事車両や重機の騒音などで大変ご迷惑をおかけしていることと思います。当初の計画よりも、構造改革事業の認可が遅れたために2ヶ月近く工事開始が遅れてしまい急ピッチでやってるのですが、なかなか大変です。
 そんな中、日高ケンタッキーFへ行く町道側への赤松の植栽がはじまり半分程植わさりました。写真で見るよりは、実際のほうが立派です。残り半分が立ち並ぶ来週が楽しみです。
 Img_2950

| | Comments (17) | TrackBack (0)

September 15, 2007

なんだかな?

 自民党総裁選は、何故かもう福田さんでほぼ決まり状態のようで、これだけ挙党一致すると、投票までそんなに時間は要らないんじゃと思ってしまいますね。その間、国会はお休み状態なわけだし。ただ、これで報道が、自民党に偏った放送をしているときに、民主党は議員にTV出演自粛の要請。うーん、確かに政局に振り回されるのは控えたいですが、自民ばかりが報道されていては、総裁選が終わった後には、一時的に支持率は上がりましょうね。あとは、組閣の顔ぶれですね。福田さんが派閥均衡内閣をとったらば、そのときがチャンスなんでしょうか?
 あっ、すみませんです。どうしても末端民主党員としてアンチジャイアンツじゃなかったアンチ自民なもんで(^_^;)

| | Comments (70) | TrackBack (0)

September 14, 2007

あらコケたのね(^_^;)

 藤田騎手が13日早朝、札幌競馬場の調整ルームの階段を踏み外し転倒し負傷を追い、今週の競馬に騎乗できないということで、なんとも藤田騎手にしては珍しいですね。負傷というから、また誰かと殴り合いでもしたのかと思われた方もいたんじゃないかと思いますが、階段からコケただけでした。(^_^;)

藤田騎手の記事

 カネヒキリが屈腱炎を再発したとのことで、休養に逆戻りとのことです。再起まではかなりの時間が必要との事。

カネヒキリの記事

| | Comments (29) | TrackBack (0)

September 13, 2007

 コスモバルク3着

 JRAはじめ、地方競馬もインフルエンザの猛威が沈静化しているようですが、ここへ来て私が風邪を引いたようで、辛いです。(^_^;) 9月に入っても、まだまだ十分に暑い日が続き、古い住居なんで熱をこもった夜に寝苦しくて扇風機を回したまま寝てしまったのが原因かと思われます。いかんですね、病気というか体調を壊すと一人暮らしの寂しさを味会う今日この頃・・・なんてね。まあ、馬インフルエンザじゃないと思いますから移動制限はかからんでしょうから、早いところ治す様に努力します。
 旭川競馬場で行われた、重賞 瑞穂賞にコスモバルクが出走しましたが、3着に終わりました。ふーん、ダートが原因なんでしょうかね?この辺の相手ならダートだろうが高速芝だろうが余裕で勝つのかなと思ってたんですが、結果は違いましたね。ここで勝ったギルガメッシュや2着のブルータブーがJRA挑戦などをかかげたら、コスモバルクは次点ということになるんですかね?その辺の仕組みに詳しい方教えてください。

 

| | Comments (14) | TrackBack (0)

September 12, 2007

いやー驚いたです

 お昼休みも、もう終わりというころ、こちらは「どんと晴れ」に見入っていたら、突然に安倍首相辞任のニュース。そこからは、臨時ニュースの嵐。2時からの会見を見ましたが、改革は続行せねばならない・・・民主党小沢代表との党首会談を断られたから・・・居面を打開のため・・・おしゃっている話が良く分からんです。
 所信表明を聞いていた時に、こりゃ一杯一杯だなとの感想をもったんだですが、今日の記者会見を見る限り、こりゃあ、自民党内での孤立、精神的にズタズタで、首相続行は不可能なんだなと、なんか朝青龍とダブってみえたです。なんでも、金銭スキャンダルが漏洩したという噂も出てるし、まあ末期症状ということでしょう。しかしこのタイミングってありなんですかね?

 いつも、首相交代のときに思うんだけど、日本って総裁の任期があってないようなもんだから、首相交代劇もどうも民意を反映できてないと感じてしまう。せめて総選挙の周期を経て首相も任期を決めて、その間は何があろうと職務を全うしてもらうと、もしもの時には、副首相を決めておいて残りの任期を全うしていただくという事にはならんのでしょうかね?まあ、大統領選挙じゃないんだし、任期が無いから、政局が産まれて解散もあるわけだから、今のままでも良いという意見もあるんでしょうけどね。

 でも前回の総選挙は小泉内閣を支持したわけで、今度生まれる内閣を指示したわけでないよね。そもそも参議院選挙は中間選挙みたいな役割をはたした訳だし、この先に総選挙がいつ行われるかが焦点となるんですかね。

 私が今回の辞任劇に命名すると「イヤー驚いたです、辞任」だな(^_^;)

| | Comments (17) | TrackBack (0)

September 11, 2007

日高KFでのディナー

 知人ご夫婦に誘われ、日高ケンタッキーファームでの夕食をご一緒した。今日は札幌からのシェフを向かえてのディナーで、とても門別では食べれないようなおしゃれな料理を堪能。持込のワインとともにノンビリできた夜でした。ちなみに以下はメニュー。写真は携帯電話のカメラなんでピンボケまくりで失礼。m(__)m

・日高産 鱒の助の燻製と鮫がれいのクリュ 夏野菜の香味マリネ添え
Dsc00057

・平取和牛のロールキャベツ 冷静
Dsc00056

・日高産 ぶりと手長海老ののポワレ 道産仔牛のリ・ド・ヴォー添え
Dsc00054

・道産和牛 頬肉の赤ワイン煮
Dsc00053

・プラムとコンポートとメロンのリルベ
Dsc00052

・クレームブリュレ
Dsc00051

・おまけに、前菜前に特別オーダーの、大皿での鴨とナス(料理名失念)
Dsc00058

| | Comments (29) | TrackBack (0)

September 10, 2007

肋骨骨折だったのね

 日曜日の札幌で、ちょうど目の前で落馬して、タンカーで運ばれていた武幸四郎騎手ですが、発表では左肋骨骨折ということでだそうで。落馬してもピクリとしない騎手を見て、一応落ちたときは運ばれるまでじっと寝ていろというのがお約束だそうだ、などど会話していたんですが、実際に肋骨を折っちまってたんじゃ、痛かったね。失礼しました。(^_^;)

| | Comments (31) | TrackBack (0)

September 09, 2007

久々のナマ競馬

 久々のナマ競馬、函館開催のときに一日行っただけなんで、2ヶ月近くたつな。台風の後のためか、かなり今時期の札幌にしては暑い日。こんな暑い日に高田延彦のトークショーが行われていた。日差しの下でのイベントのために聞き手のMCが大変な汗をかいており、高田総帥が心配する場面も。
 今日は完全オフでの競馬観戦、馬主席などには目もくれずに、ブリダーズBOXで馬券検討。真剣にやっても、全然的中しない俺って?(>_<)
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2007

台風被害なし

 台風が北海道を直撃ということで心配された昨夜でしたが、どうやらそれほどの被害も無く通過したようです。これぐらいだと、普通の低気圧でも風も雨もあるぞという程度でした。ちょうど工事中の場内で作業に影響は?と思ったのですが、こちらも朝から通常に工事が再開されたようで、何よりでした。北海道は本州と比べると、台風の面でも良いところですよね。気候も本州ほど暑くないし、住みやすい。でも本州の人達に言わせると、冬がね・・と言いますが、冬も結構快適なんですけどね。(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2007

いまさら正念場?

 昨日に続き、ホッカイドウ競馬の話題。今日行われる運営委員会において、昨日の記事の内容の説明が行われることになっているようだが、そこでの議員さんたちの意見をぜひ聞いてみたいものだ。そして、この原案通りで決まることになるなら、門別&札幌のみでの開催となったときの運営計画と収支予算を詳しく聞いてみたい。
 現実的には、旭川撤退はやむおえまい。ただし、門別中心になった際に3年。いや2010年度なのだから2009年と2年間のうちに黒字転換にしなくてはならないというノルマを達成できる皮算用が成り立つのか?そして現公社を日高の自治体や農協などが出資した組合形式に移行することを自治省は認めることができるのか?
 まあ、考えてみるとこの夏場に門別競馬場の本馬場を路盤からの大改修をしていたのは、このような含みがあったのだと知らされる。その一方で、ホッカイドウ競馬事務所のこの春の人事異動を見ると、完全撤廃に向けての布陣を引いているのかな?と要らぬ勘繰りをしてしまう。
 もはや、北海道自体が財政難で第二の夕張になりかけないという状況下でホッカイドウ競馬を維持できないという、根本的な構図を楯にとられると、日高や業界団体は何も言い返すことができなるかもしれぬ。北海道新聞は今から正念場と書いているが、実は正念場は、ここまでの3年間だったのだと気づくときが来ないことを望みたい。
北海道新聞の社説

| | Comments (1) | TrackBack (1)

September 06, 2007

残された月日は3年か?!

 今朝の道新トップに旭川競馬場での開催から撤退、新公社を設立し2010年度までに黒字に転換できなければ廃止という内容の記事が出ました。こりゃ、一気に突っ込んだ内容の発表(道が固めたとう報道です)がされましたね。本当に、門別競馬場中心に行ったんで馬券は売れるんでしょうかね?幾らネットや場外が売上の中心といえども本場が盛り上がらなければ、場外もシラケル気がするのですが。
 この、問題は今後も話題に上るでしょうから、もう少しじっくり私的にも考えてみたいと思います。とりあえず本日は、一報ということで。
 北海道新聞の記事

| | Comments (0) | TrackBack (3)

September 05, 2007

内田博幸騎手が3000勝

 内田博幸騎手が5日の大井競馬で地方通算3000勝の偉業を達成しました。歴代で16人目、現役で9人目ということで、まだまだこれから上を狙うことになるんでしょうね。あるいは、ちゃっかり来年当たりにJRA移籍ですかね。(^_-)-☆
 
 3000勝の記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2007

船橋競馬で

 今年もベストドレッサーコンテストが行われるとのことですが、ちと興味ありの私って、当日参加してたりはしないと思いますが。

 船橋競馬場のHP

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 03, 2007

久々の雨②

 タイトルに久々の雨と書いたら以前に同じタイトルで書いていたことが判明。したっがって②です。(^_^;)でも本当に朝から久々の雨です。まとまった雨は、いつ以来だろうと考えたら、セリのときに降った以来でないかと思いますから、ほぼ2週間ぶりぐらいでしょうか、その間は暑く乾いた日が続いていましたから、道も埃っぽくなっており、今日ぐらいの雨は恵みの雨でしょう。ただ、途中雷がなってましたからそれは余計ですけどね。
 大井の中継を見ながら岩手などの地方競馬の成績を見ていたら、いまやインフルエンザは地方競馬にとって深刻な問題になってるんじゃと感じました。どこも開催こそ中止にしていないものの、出走予定の馬からかなりの数の陽性馬が出てしまい、出走取り消しになっている馬が多数出ているようです。とくに岩手などは20頭以上の馬が出走取り消し。これは尋常ではないですよね。
 オーストラリアへ遠征予定だった馬も全馬回避を決定したようです。日本で行われる競馬にも参加馬居ないでしょうね。そうなると、この秋は国際交流は、ほぼ無いんじゃないでしょうか?これもまた、盛り上がりに欠けるかもしれませんが、実は有力どころがみなステップ競走から揃い踏みするとなると、意外と馬券は売れたりするかも知れませんね。とにかくもう少し様子を見ているしかないですな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2007

移動制限が限定解除

 JRAの移動制限が限定的に4日から解除されると報道されてます。
以下ニッカンスポーツ記事抜粋
 馬インフルエンザの影響でJRA施設間に限定されている競走馬の移動が、4日(火)から限定的に解除されることとなった。牧場などからの入厩は美浦、栗東の両トレセンのみで実施される。退厩は新潟、小倉競馬場からも行えるが、札幌と函館は現時点では認められていない。入退厩の主な条件は以下の通り。
 【退厩】(1)退厩日前の1週間、馬インフルエンザを疑う症状がない(2)原則として3日以上、未検査馬と離し、その最初と最後に簡易検査を行い陰性の診断。
 【入厩】入厩検疫時に簡易検査を実施し、臨床的に異常がなく、検査でも陰性が確認された場合。
 1日の入厩できる頭数は美浦は60頭、栗東は50頭程度となっている。現在のシステムでは入厩後10日でレースに使うことができる。来週初めに入厩した馬は中山2週目から出走が可能だ。来週からはG1のトライアルも始まるが、この時点で解禁なら秋への影響は最小限で済みそうだ。
 ◆日本調教師会会長の中村均師(58) 先週から競馬は再開されたが、トレセンでの検疫ができないと秋競馬への影響が大きい。条件付きだが検疫が再開されるのは、厩舎にとってはありがたいこと。今まで通りスムーズにはいかないと思うが、陽性馬が入らないように、我々も万全の態勢で臨みたい。

 結構な制限が設けられてますが、上手いこと感染を防ぎながら移動ができるでしょうかね?なにせ馬運車にはその馬一頭で運ぶわけでなく他の牧場間や競馬場などに移動する馬が居るわけですからね。まあ、これだけ地方競馬などで感染馬が多いと、地方馬と同じ馬運車で運ぶなどということは馬運車会社しないでしょうがね。

Continue reading "移動制限が限定解除"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2007

EIは地方が大変そう

 馬インフルエンザは、地方競馬が大変な感じになって来ましたね。もちろん他競馬場などとの交流をせずに開催をしている主催者が多いわけですが、着実に感染馬が増えているようで、開催するに十分な頭数が確保できないという現実をどうするかなど、陰りが見えない勢いに、ただただ沈静化を願うばかりなんでしょうな。とりあえずみんな引いちまって早く治ってくれという様な過激な発走ではないんでしょうが、隔離競馬。今後に大きな問題を残さないと良いのですが。
 自治会の夜宮ですが、予想以上の人出が集まり、盛況のうちに終わりました。何せ生ビール一杯100円。焼き鳥5本、つくね3本、豚くし5本、いか焼き、蕎麦はみな200円という破格なお値段ですから、いらして下さった方はみな満足そうなお顔をされてました。(^_^;)
 私が担当したのは、子供向けにと、景品くじ引きをしたのですが、2回引けて100円という設定に、むきになって何度もやってくる子供。あるいは興味を示さない子供など、それぞれの性格を垣間見れて楽しかったです。個人的には「ふがし」が懐かしかったな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2007 | Main