①競馬関連ニュース拾い読み

July 23, 2007

ラベンダー賞の勝利

 私が、シンガポールに行ってる間に行われた、函館2歳オープンによるラベンダー賞は、ホッカイドウ競馬所属のハートオブクイーンが優勝したとのことです。以下、ヤフースポーツ記事の抜粋。

 21日、函館競馬場で行われたラベンダー賞(2歳OP、芝1200m)は、12頭立ての最低人気(単勝80.3倍)武幸四郎騎手騎乗のハートオブクィーン(牝2、北海道・若松平厩舎)が、中団追走から抜群の手応えのまま勝負所へ進出すると、直線では力強い伸び脚を見せ、4番人気アイリスモレアをアタマ差抑え優勝した。勝ちタイムは1分11秒5(良)。さらに1/2馬身差の3着には3番人気のリーガルアミューズが入った。1番人気のルミナリエは4着に終わっている。
 勝ったハートオブクィーンは父ジョリーズヘイロー、母はJRA1勝のマイシークレット(その父Woodman)という血統。5月15日に門別競馬場でのデビュー戦を勝利で飾り、続くノーリーズン賞(OP、旭川・ダート1000m)は3着、前走の重賞・栄冠賞(旭川・ダート1000m)では6着に敗れていた。通算成績4戦2勝(うちJRA1戦1勝)。この勝利により、8月5日に行われる函館2歳S(GIII)への出走権を得た。

 というわけですが、この時期のホッカイドウ競馬所属馬のJRA挑戦は、すでに何戦かしているホッカイドウ競馬所属馬が強い傾向は以前からあります。ただ、ダートでの勝ち上がった馬が初芝ということで、それ以前のレースと打って変わって適応性を見せて活躍する馬もいるようです。もし、ホッカイドウ競馬が岩手がやっていたような芝のレースも行っていたら、この適応性を前もって知ることができ、もっともっと活躍馬を送ることができるんじゃないか?と、この時期のホッカイドウ競馬2歳馬の活躍を見ていてふと思うことがあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 06, 2007

ばんえいにJRA騎手が

 報道によると、ばんえい競馬のエキビジョンマッチにJRAの騎手6人が参戦するという。先日、車の十勝ラリーのドライバーがソリに乗るだけのエキビジョンレースをしていたが、どうも今回は騎手自らが手綱を取るらしい。はたして障害を乗り越えれるのかな?面白そうだし興味がありますね。もちろん馬を御すことは慣れているでしょうから、真直ぐに走らせることはできるかなと思いますが、山を越えさすタメとかタイミングは、簡単じゃないですからね。結構TV的にニュースにもなりますよね。
 ヤフースポーツの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2007

ラムタラ産駒が栄冠賞を制覇

ホッカイドウ競馬、旭川競馬場にて今年初の2歳重賞、栄冠賞が行われました。勝ったのは、ラムタラ産駒のマサノミネルバで牝のラムタラ産駒でした。いつもこの栄冠賞組みが函館のラベンダー賞で活躍しますが、はたして今年はどうでしょうか?要チェックですね。

ホッカイドウ競馬のHP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 03, 2007

八戸市場

 2日、青森県・八戸家畜市場で青森県軽種馬生産農業協同組合主催の「八戸市場」が開催されております。昨年は、一頭を上場したのですが、今年は直接会場には行きませんでしたので、数字のみを紹介すると

 上場は1歳馬75頭で、売却は25頭(牡馬15頭、牝馬10頭)。売却率は33.3%、取引平均額は376万3200円

 最高価格は新種牡馬シルバーチャーム産駒ミシシッピーミスの18(牝)で、“セレス”の冠名で知られる岡浩二氏に1165万5000円で落札された。1000万円を超えたのは1頭で、次いでヘクタープロテクター産駒モザーティアナの2006(牡)が高橋義和氏に840万円で落札された。

 数字だけをみると、あまり活況とは言えない内容ですが、詳しい様子は
馬市.Comにて

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2007

岩手でもミニ場外

 ホッカイドウ競馬で成功を収めているミニ場外ですが、岩手でも試してみるようですね。
以下地全協HPの記事を転載

 岩手初のミニ場外『盛岡大通場外発売所』9日オープン

 みちのくレース岩手競馬初のミニ場外『盛岡大通場外発売所』が6月9日(土)にオープンする。
 場所は、盛岡市大通一丁目(ヒグチビル2F)と足を運ぶのにも大変便利。約110㎡のフロアに自動発売機6台、自動払戻機2台と、全12台のモニターが設置された。
 地元競馬ファンにとっては"街なかの気軽に立ち寄れる発売所"となりそうだ。

※『盛岡大通場外発売所』の地図、施設詳細についてはコチラ


***** みちのくレース岩手競馬公式サイト *****



| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2007

東京ダービーに思う

 今日は目出度い東京ダービーということで、日高KFにてCSにて酒を飲みながら観戦。パブリックビュー状態ですが、観戦者は私と隣の牧場マネージャーのみ(^_^;)。
まあ、ああでもないこうでもないと言いながら観戦。結果は報道の通り、3番人気アンパサンド(牡3、川崎・池田孝厩舎)が優勝。うーん、今年も道営出身馬の東京ダービー制覇でしたね。
 池田調教師のインタビューを見ながら、挨拶もそろろに終わると、隣のマネージャーが「なんで、そこで米川昇調教師はじめ北海道競馬のスタッフに感謝します。と言えんかな?」といきなり携帯電話で池田調教師に電話して、そう言う当たりが、凄いなとおもったしだいです。(^_^;)

 東京ダービーの記事

| | Comments (1) | TrackBack (0)

売りつつ売られつつ

 「持ちつ持たれつ」という言葉がありますが、いまや地方競馬は「売りつつ売られつつ」ですよね。地全協のHPによりますと、名古屋競馬は、昨年に続き、毎日発売をテーマに開催中以外にも他場の発売、それも南関東や北海道のナイターをも発売するそうな。こんな感じでオーストラリアみたいに沢山の競馬場が同じ日に競馬をしていて、それをどこでも場外や本場で買えるというのも、楽しいですよね。もちビール片手にですけどね。(^_^;)
 地全協HPの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2007

キストゥヘヴン、ディアデラノビアも米G2出走へ

へーぇ、俄然海外競馬にチャレンジする馬が目立ちますね。牝馬って輸送競馬にはどうなんでしょうかね?まあ、馬の性格によりますか。ともかく大変でしょうが、頑張って欲しいですね。たまに記事内容をそのまま以下に抜粋します。

 記事元はヤフースポーツ

Continue reading "キストゥヘヴン、ディアデラノビアも米G2出走へ"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2007

と言ってたら2日続けて勝ちやがった

 昨日、英国ダービーをフランキーが初優勝したと書いたけど、なんと次の日に行われた仏国ダービーをもローマンで優勝しちゃったそうです。同一年度の両国ダービーの同一騎手の優勝は17年ぶり4人目だそうです。フランキー自身は仏ダービー優勝は92、05年に続いて3度目とのことです。うーん、フンランキーやるね。(^_-)-☆
 ヤフー素オーツの記事

 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

June 04, 2007

あら、フランキーは初優勝だったのね

 ザ・ダービーこと英国ダービーは2日、一番人気のオーソライズドが人気に応える強い勝ち方をした訳ですが、鞍上のランフランコ・デットーリ騎手は、これがザ・ダービー初勝利だそうで、さぞかし嬉しいでしょうね。(^_^;)
 まあ、いづれは勝つ日が来たでしょうが、本人も肩の荷が降りてほっと一息という感じだそうです。

 ヤフースポーツの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧