③シンガポール関連書込み

June 09, 2007

凄いぞ、10勝目!

 Optimum20note200906
スターレーシング所属馬でシンガポールで走らせているオプティマムノートという牝馬7歳(父パークリージェント)がおりますが、この馬は高岡厩舎所属馬として第一陣としてシンガポールに移籍した馬の一頭です。この馬が本日のシンガポール競馬5RC3において優勝しシンガポールでの10勝目をあげました。獲得賞金も30万ドルを突破。いやー、本当に凄いことです。もちろん共有されている方は、大幅な黒字であることとともに、愛馬が活躍し続けてくれていることを喜んでいただけているかと思います。年齢から、そろそろ共有を解散し、南半球で繁殖入りということも検討していたのですが、今の彼女にとっては、走ることの方がハッピーなのかも知れません。いずれにせよ、もう今シーズンには間に合いませんから、もう少し考えながら彼女の走りを応援したいと思います。

シンガポールターフクラブHPのオプティマムに関する記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

May 24, 2007

祝勝会!

 世の中はダービーウィーク、一年に一度のお祭りを前に、徐々に盛り上がってるころですが、一足先に競馬の優勝祝勝会に出席してきました。実は、シンガポール航空国際C当日に行われたペナンターフクラブCを、日本産馬ジェイドが優勝したのですが、そのオーナーが新冠で身内で祝勝会をするのでと招待いただいたのです。この馬は、わたしも出国手続きに検疫、そして飛行機に同乗してシンガポールまで届けた馬の一頭で、ちょうどシンガポールから高岡調教師も来道されており、シンガポールでエスコートしたうちのオーナーと一緒にお邪魔してきました。
 イタリアンレストランを貸しきって行われたパーティですが、美味しい料理、美味しいお酒、それを頂きながら大スクリーンに映し出されたシンガポール競馬のレースの模様みるのは、至福のひと時でした。シンガポール競馬に参加していただき喜んでいただく方がこうして増えてくれることは、本当に嬉しいことです。これからも、少しでも多くの方が注目していただけるように、頑張りたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 20, 2007

日本馬ワンツー!

 注目のシンガポール航空国際C-G1は、シャドウゲイトが優勝、去年の覇者であるコスモバルクが2着という日本馬のワンツーとなりました。シャドウゲイトは重馬場の金杯の勝ちっぷりから、優勝の可能性は高いと思ってましたが、見事な横綱相撲での優勝。コスモバルクも3角あたりで少しかかり気味でしたが、早めの先頭から他に交わされてもしぶとく残り最後はさし返す強さを見せてくれました。両馬ともシンガポールの馬場に適合性の高い馬であったのだと思います。
 下世話な話ですが、シンガポール在中の某調教師に馬券を頼み、シャドウゲイトの単勝を少しだけゲットすることができました。(^_^)v。もっと下世話な話ですが、今回の優勝賞金は優勝のシャドウゲイトの馬主手取りで1億3百60万円ほど、2着のコスモバルクの馬主手取りでも3千4百万円ほどです。ジャパンカップと同じ招待競走ですから日本からの馬の輸送費等は主催者持ち。もちろんスタッフの滞在費もシンガポールターフクラブが持ってくれます。どうです、日本の馬関係者の皆様、結構美味しいでしょう。(^_-)-☆
 でも、シンガポールでローカルの馬主も走る馬を持ってくれば、結構美味しいんですよ。特に、日本では、力のかげりが見えたコスモバルク、現地の馬場への適応性はかなり高そうです。ぜひ、総帥、シンガポール移籍も考えてみてはいかがでしょうか?(^_^;)
 シンガポール国際Cの動画、情報などは、スターレーシングのHPでも少し上げてます。おそらく本日中は動画をみるなら、こちらの方が繋がりやすいかと思いますよ。
 スターレーシングHP

| | Comments (2) | TrackBack (0)

May 18, 2007

ラジオNIKKEI にスターレーシング登場

 今回のシンガポールエアライン国際Cは、日本でもグリーンチャンネルが生中継をする予定です。ご存知の通りグリーンチャンネルの実況は、ラジオNIKKEEI (ラジオたんぱ)のアナウンサーが担当するわけですが、今回はラジオNIKKEI自体でも生放送をするらしいです。てな分けで、日ごろからシンガポール競馬に取り組んでいる弊社スターレーシングに広告の依頼が来ました。ラジオの中継中にスターレーシングの話題を振って頂けるそうですし、ラジオNIKKEI の競馬実況HPにスターレーシングのバーナーが登場してますんで、ぜひご覧下さい。トップのバーナーが5回に一回の割りでスターレーシングのものになるらしいですから、左のメニューなどをクリックしてぜひスターレーシングを引き当ててくださいな。(^_^;) そういえば、グリーンチャンネルで解説予定の古谷君もスターレーシング共有馬主の会員です。
 そして、シンガポールエアライン国際Cの実況は、ぜひラジオNIKKEIでお聞き下さい。

 ラジオNIKKEIのHP

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2007

SAIC枠順決定

 シンガポール航空国際Cの枠順が決まったと報道されております。いやー、今年も近づいて来ましたね。やはりシンガポール競馬関係者にとっては特別なレースです。去年は、スターレーシング所属馬も出走させて5着という結果でしたが、今年は残念ながら出走馬がおりません。まあ、日本で言うならジャパンCですから、毎年出走させれるほど簡単なものではないですよね。
 ところで、シンガポールの場合は、枠順と馬番号が違います。馬番号は、すでにレーティングの順番で決まっており、コスモバルクはレーティング117で馬番号は2番です。シャドウゲイトはレーティング109で馬番号7です。
 そして、このレースにのる五十嵐冬樹騎手と田中勝春騎手に、去年と同様に高岡厩舎やスターレーシング所属馬(ビッグバレーS所有)でスクーリングをかねての騎乗機会を提供することになりました。
 両人とも、本番に備えて下見はもちろん、腕のあるところで、我らの馬を勝たして欲しいところです。

 枠順決定の記事 ヤフースポーツ
 枠順抽選会の様子 ホッカイドウ競馬HP

| | Comments (7) | TrackBack (1)

May 11, 2007

SAICup 出走馬決まる

 24日シンガポールのクランジ競馬場で行われる国際G1競走のシンガポール航空国際C(SAIC)の出走馬が決まったと報道されてますね。10日夜には日本から参戦のシャドウゲイトとコスモバルクが成田から出発し今朝、無事に到着していると報道されてます。
 そして、地全協のHPにおいても「コスモバルク無事到着 現地情報を得るには?」と題して、インターネット等のリンク先等を紹介しておりますが、何か忘れてませんかね?そうです、わが、スターレーシングをお忘れですよと強く言いたいですね。ただ、HPは、まだSAIC仕様になってませんがね。今年は所属馬の出走がないので気楽ですが、会員さんたちも現地に向かいますし、ボチボチ更新して参ります。(^_^;)
 

| | Comments (1) | TrackBack (1)

April 28, 2007

10日に出国

 シンガポール航空国際C-G1に出走予定のコスモバルクとシャドウゲイトは5月10日に成田空港から出発するということになったらしい。もちろんSQ便だから、いつも私が馬と一緒に運ぶ際の便と同じですから夜の9時半ぐりあの出発になりますね。数年前から、最新鋭の747-400 Mega ARKに替ってますから快適ですよ。(^_^;)
 みな、良いレースをして、無事に帰って来て欲しいですね。
 ネット競馬の記事

| | Comments (0) | TrackBack (1)

April 25, 2007

スイフトカレント回避

 今年の5月20日にシンガポールのクランジ競馬場で行われる、シンガポール航空国際C-G1に出走予定だった、森厩舎所属のスイフトカレントが回避することを決めたと報道されております。これで同レースに出走予定は、ホッカイドウ競馬所属で去年の覇者、コスモバルクと美浦の加藤征弘所属で今年の中山金杯を勝ったシャドウゲイトの2頭ということになりました。実力的には、シャドウゲイトで大丈夫と思いますが、あとは欧州からどんな馬が来るのかを勉強しようと。p(^_^)q
 ヤフースポーツの記事

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 15, 2007

ジョー藤井騎手 2勝

Mushroom20140407
 シンガポール競馬に単身挑戦中の日本人騎手、ジョー藤井こと藤井 勘一郎騎手が14日に特別(クランジS)を2勝して頑張っている。藤井騎手はオーストラリアで騎手免許を取得、見習から正騎手として優秀な成績を収めて今年からシンガポールで活躍中。すでに重賞、チェアマンズロロフィー-G2も優勝している。
 日本からの若者の挑戦にこれからも注目です。そして、日本から今年のエアラインCに挑戦の3頭の関係者の方でここをお読みの方がいましたら、シンガポール競馬に日本人騎手がおりますから、乗せてみてはいかがでしょうか?(^_^;)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 12, 2007

シンガポール国際Cに3頭が出走

200605142151000_2
 今年のシンガポール航空国際C-G1に日本から、先に招待の受諾をしていた、連覇を狙うコスモバルク(牡6歳、北海道・田部和厩舎)とシャドウゲイト(牡5歳、美浦・加藤征厩舎)とに加え、スウィフトカレント(牡6歳、栗東・森厩舎)も招待を受諾したと報じられ日本からは、3頭の参戦が予定されている。
 これで、地方競馬所属馬だけだった去年に比べ、JRAも含め3頭ということで、一段とシンガポール競馬が注目されることになるでしょうね。うーん、スターレーシング関連の馬が今年は出走予定なしということで、残念。しかし、日本馬が活躍してくれることは、日本の人にシンガポール競馬を注目してもらえるし、現地のローカルなオーナーへも日本産馬をPRする絶好のチャンス。そしてスターレーシングにも注目が集まって欲しいところですが(^_^;)
 (写真は去年のSIACを優勝したコスモバルクの表彰風景=筆者撮影)
 ヤフースポーツの記事

| | Comments (5) | TrackBack (4)

より以前の記事一覧