スポーツ

August 26, 2004

夏の甲子園優勝!!

世の中、すっかりオリンピックモードで、夏の甲子園などすっかり影が薄れているかもしれないが、北海道だけは別格である。もちろん駒大苫小牧の大活躍のためである。点を取られても、打ち返す、そのゲーム内容は、北海道の道民性にピッタリである。それにしても、よう打ったものである。毎試合10安打以上の打撃力は、凄すぎてあきれる程である、5点負けていても、ひっくり返せるんじゃないかと期待させるチームは、そうあるものではない。
決勝戦の22日は、札幌記念の日で、私は札幌競馬場にいたのであるが、いつものブリーダーズBoxのモニターの一つをNHKにチャンネルを合わせて競馬観戦と野球観戦の両方を楽しんでいた。JRAも気を利かせてくれ、試合の途中経過を幾度と無くターフビジョンに映し出したものだから、札幌競馬場の観客2万人?も、そのたびに騒然と反応した。特に札幌記念のスタート前の輪乗り状態のときに、勝が決定し、「優勝おめでとう!」の文字がターフビジョンに映し出されたときは、場内はG1ファンファーレー級の騒ぎとなり、ゲート前で輪乗りしていた騎手たちは、何事かと思ったに違いない。
北海道の高校が夏の甲子園で優勝するなどということは、夢にも思わないことであった。北海道の高校野球は、善戦して敗退と、道民の誰もが思い込んでいたことと思う。しかしその思い込みは、ものの見事に打ち砕かれたのである。私は思った、最初から負けるなどと決まった事ではないのだ。ホッカイドウ競馬を含めた地方競馬の馬達も、JRAに遠征して勝ちまくる事だってあるやもしれないのだ。コスモバルクが9月2日の旭川競馬から復帰する。この秋に地方競馬所属馬のクラシック制覇を夢見るのも良いかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

July 03, 2004

近鉄バッファローズ合併問題

いま、巷では近鉄バッファローズの合併問題が何かと取りざたされている。最初スポンサーや買い手を探していたが見つからなかったためにオリックスとの合併という方法を取ると発表、パリーグは5球団になることで、他球団も1リーグ制への以降にまっしぐら走ってるようである。1リーグ制にするにも11球団ではやりずらいから、もう1球団が合併あるいは廃団となることになるであろう。日本の野球界はほんとうにそれで発展することができるのだろうか?ライブドアが近鉄を購買する意思を表明したのも、もちろん企業としての球団保持によるイメージアップもあるだろうが、1リーグ制10球団では、日本球界は後退であると判断したからであろう。私が思うに、この合併問題で、完全に忘れられているのが、選手会でも球団職員でもなく、ファンの存在であろうと思う。球団経営者、日本球界をコミッショナー以上に牛耳ってる一部のオーナーは、本当に日本のプロ野球ファンのことを考えているのだろうか?あの人の頭の中には自分の球団の事しかないのかも知れない。だから私は子供の頃から好きだったジャイアンツファンを社会がわかってきた頃に嫌いになったのだから・・・。  
同じことが、JRAにも言えると私は思っている、今回の第三次国際計画は、ほんとうに競馬ファンの事を考えての物なのだろうか、日本の競馬ファンは、出走馬中半分以上が外国産馬である日本ダービーを見たいのだろうか?訳のわからない外国現役馬が毎度毎度勝って行く古馬グレードレースを今の興味と同じに見てくれるのだろうか?もういちど考えて頂きたい。
余談になるが、近鉄バッファローズを購買しようとしている、ライブドアの社長は、競馬好きである。現に馬主としても活動され、うちにも預託馬がいる。私は、ぜひお願いしたい。プロ野球球団を買えなかった暁には、日本の競馬界、そして競走馬生産界のこともぜひ考えていただきたいと。

| | Comments (0)